2016年12月25日

コントロール思考は世代間で連鎖する可能性がある



コントロール思考はコントロール
する側の人にとってとても便利な
思考なので、コントロール思考で
味をしめてしまうと


「コントロールは正しい」


という錯覚してしまいます。


仕事や勉強、親子関係や人間関係
においてもコントロール思考は
強い影響をもたらしますが、
コントロールの味をしめてしまうと
状況・他人をコントロールしたくて
たまらなくなるのです。


コントロール思考の怖いところは
コントロールする領域がどんどん
広がっていくことです。



はじめは勉強や仕事だけ、つまり
自分だけに及ぶコントロールが、
エスカレートしていくと友人関係、
親子関係など、他人に対しても
コントロールすることが良いこと
であると錯覚してしまうのです。





ここでは家庭(親子関係)での
コントロール思考を挙げてみたい
と思います。例えば・・・・


「本人のため(会社のため)」と
言いながら、進学先や結婚相手
まで親が決めてしまう。


家族旅行に行くと言いながら
親だけで行き先からプランまで
決めてしまう家庭。


父も母も共働きだからと言って
家の掃除や家事などを半強制的に
子供にやらせる親。


子供が就職先(進路)を選ぶ際
親の意見を子供に強く反映させ
てくる親。(同じく子供が部活
やアルバイトを選ぶ時も強く介入
してくる親。)




このような親(家庭)で育った
人はコントロール思考に充満
した家で育っているので、
「コントロールする・される」
が当たり前であり、「コント
ロールする・される」
が愛情
であったり人情であると考えて
しまいがちなのです。





怖いことに、コントロール思考
の下にいることが正しいと錯覚
している人は、多くの場合は
周りの人を不幸にしていきます。

それは周りの人を心から信頼
することができず、信頼して
接するということが出来ない
ので、相手が次第に息苦しく
感じるようになってしまい、
強いストレスが生まれてしまう
からです。


しかしコントロール思考の
人はそこに気付きません。

コントロールすることこそが
愛情であったり人情であると
勘違いしているため、ますます
コントロールしようとして
しまう
のです。


コントロール思考の人は自分は
コントロールしているという
自覚がありません。
それは親
(家庭)からそのような環境で
育てられたので、それがごく
当たり前のことだからです。





現在はこのような親を「毒親」
と言ったりもするようですが、
この毒親こそコントロール思考
に陥っているのと同時に、彼ら
もまたコントロール思考の親に
育てられた可能性があるのです。
そういった意味では毒親と言わ
れている人は加害者でもあり
被害者でもあると言えます。


コントロール思考にも同じような
ことが言えます。コントロール
思考の下で育った親が今度は
子供をコントロールしてしまう。

そしてそれが愛情であったり、
しつけであったり、人情だと
錯覚してしまう。


本物の愛情や人情には、相手を
コントロールしようという思い
はないはずです。
子供であって
も自分の道は好きなように
選ばせる。進路であっても
〇〇高校や〇〇大学へ行け、
などとは言わない。自分が
社長だとしても子供が会社を
継ぐか継がないかは子供に
選択させる。


そうできるのは子供を従属物
(コントロール)としてでは
なく、一人の人間として扱い
(脱コントロール)、心から
信頼しているからこそできる
のです。(信頼していない親は
子供を平気でコントロールして
しまいます。)


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


このようにコントロール思考は
世代間でも連鎖する可能性が
あるため、注意が必要です。
まずは自分がコントロール下
にあったのか、なかったのか、
その自覚(振り返り)が大事
なのかもしれません。
もし
自分がコントロール思考が
強いなと感じたら、自分の
世代でコントロール思考は
終わらせて脱コントロールを
目指していく、そう考えた方
が良いと思います。



posted by ごくう at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック