2016年12月23日

良い記事:中田敦彦 「よく稼ぎ、よく休む」これぞ良き夫



まずは記事から・・・・。


-----------------------------
オリエンタルラジオとして
活躍する、お笑い芸人・
中田敦彦さん。タレントの
福田萌さんを妻に、2歳の
娘を育てるパパとして、
そのプライベートを明か
していただくこの連載。
前回の「お受験」に続く
第2回のテーマは、「夫の
働き方」についてです。
中田さんご自身は、娘さん
が1歳になったとき意識を
変えたそうです。芸人と
しては異例の週休1〜2日
を主張。
ただ、道のりは
簡単ではないようです…。
(続く)


引用:日経DUAL
http://bit.ly/2hZCBxk
-----------------------------





今日は天皇誕生日で金曜です
ので3連休となる方も多いと
思います。あいにく私は交代制
で土曜が勤務で3連休になら
ないのですが、それでも
今日と25日は休みなので
十分な休みだと思ってます。


しかし私の会社の取引先を
見ますと「今日(天皇誕生日)
が仕事」
という会社は案外
多いのです。せっかく曜日の
巡り合わせで3連休になるの
だから休みにすればいいのに、
と思うのですが、今日仕事を
している人たちが多いという
のは「何だかな〜?」と私は
思ってしまうのです。





いくら企業の規模が大きくても
小さくても「休む時には休む」
というスタンスがいいと思う
のです。リフレッシュにも
なりますし、仕事以外の時間
をキチンと作れるというメリ
ハリは人生では大事だと思う
からです。


しかし「休むより仕事を尊ぶ」
というスタンスの人はまだまだ
多いのでは、とも感じています。


「仕事あっての家庭」

「仕事あっての人生」


という見方も当然あるとは
思いますが、


「家庭あっての仕事」

「人生あっての仕事」


という見方もあると思う
のです。


これはどちらが良くて
どちらが悪いという見方
ではありません。どちら
もとても大事な見方
だと
私は思うのです。





オリエンタルラジオの
中田氏はまさに「どちらも
大事」
という見方をして
いるのだと思います。


仕事もストイックな感じが
するくらいですから、手を
抜いて仕事をするという
タイプでも無さそうですし、
かといって家庭を軽視する
タイプでもない。どちらも
大事に考えていますよ
、と
いうことがヒシヒシと
伝わってきます。


これこそが人として一番
正しい生き方だと私は思い
ます。



年配の人に多いのですが、
家庭を軽視して仕事を重視
している、と言う人でも、
そういう人が仕事ができるか
どうかは実はあまり関係無い
ことが多いです。


でもこういう人ほど仕事を
やってそうなイメージが
ありますよね。ですが
これはただのレッテル
貼りに過ぎない
と私は
思います。


仕事も家庭もうまくやる
人は、どっちもうまくやる。


そんな感じがします。


こういう人がこの記事の通り


「よく稼ぎ、よく休む」
これぞ良き夫



ということなのでしょうね。
私もこういう人を目指して
いきたいと思います。


posted by ごくう at 20:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ゴクウさん 久しぶりです。 2年前に亡くなった母の母 (私の祖母)が、98歳でなくなりました。父が、肺炎で1月入院しました。近況 来年の怖いことは、日本銀行の破綻ということがシリアスな話題になると思います。現在 日本銀行のバランスシートは、8割以上日本国債という有様です。債権バブルが、はじければ 円の価値が暴落ということですよね。

Posted by ケン at 2016年12月24日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック