2016年12月18日

押してダメなら引いてみな


昔から


「押してダメなら引いてみな」


と言います。この言葉、ネット
で検索してみると恋愛関係の
記事でヒットすることが多い
のですが、恋愛に限らずどんな
ことにも当てはまる言葉
だと
私は思います。


しかしこの大事な言葉、最近は
子供も知らないことが多いよう
です。

▼参考記事
http://bit.ly/2hvPJMv


このような大事な言葉を子供が
知らないのはちょっと残念な気
がします。





それにしても上記の記事にも
ありましたが、「押してダメ
なら引いてみな」
とは色々と
工夫して(試行錯誤して)
やってみなよ、ということも
あるのですが、やはり人の
心理、、親子関係、職場や
学校の人間関係などを考え
ますと、


押してダメなら引いてみな=
やたらとコントロールするな



と私は考えます。


例えば子供に「勉強しろ」と
言い続けても、子供は勉強
なんかしないでしょう。
むしろ「勉強しろ」と言われ
続けるるからこそ、勉強を
しなくなるのだと思います。


恋愛でも同じです。やたらと
「付き合いたいアピール」を
されればされるほど、相手に
対して関心が無くなり、他に
もっといい相手がいるのでは
と思ってしまうものです。


人間関係でも同じですね。
仲良くなろうとして一方的に
プッシュすればするほど相手
は引いていくものです。





結局何事もそうですが一方的
になり過ぎるということは、
何かが足りていないのです。



その「何か」とは格言通り
「引いてみな」ということ、
つまり「脱コントロール」
ということ
だと思います。


相手をコントロールしようと
しすぎるから(自分の意志を
通そうとしすぎるから)、
一方的になってしまうのです。
そして一方的な行動にコミュ
ニケーションは存在しないの
です。コミュニケーションとは
双方向のことですから、一方的
なことはコミュニケーション
ではなく、ただのコントロール

です。


「押してダメなら引いてみな」。
人生の様々なところで使える
大事な言葉だと改めて思います。



posted by ごくう at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444990278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック