2016年12月01日

共感は脱コントロールのサインになる


以前このブログで
「共感」は人間関係上での「貯金」
http://bit.ly/2fVaMqs
という記事を書きました。


人間関係でうまくいかない
ところでは共感が無い、
だからギスギスしてしまう。


共感は人間関係の貯金である、
だから同感はしなくてもいいが、
共感、もしくは共感的理解は
とても大事だと思う。

そんなことを書きました。






さて、私は常々、共感は相手
への警戒感を和らげる効果が
あると感じていたのですが、
これは一体なんなのだろう
と改めて整理してみました。


共感も行き過ぎると媚びて
いる(同感している)よう
にも取られます。いつも
媚びてしまって(同感して
しまって)はダメ。でも
共感なら大丈夫なのは、


「共感は【私はあなたを
コントロールしません】

と言っているようなもの」


だからなんだと気付きました。






逆にコントロール思考の人には
共感的態度がほとんどありません。
常時コントロールしていないと
気が済まない、マウントを取り
たくて仕方がない人にはほと
んど共感がありませんが、その
代わりに自分と同感を求める
傾向が強い
ように思います。


相手に対してコントロールしよう
としていない人を見ると、共感
(共感的理解)がとても多い。

だから相手が警戒せずに心を
開いてくれて、結果として
うまく動いてくれたり、協力
してくれたりする。


コントロールしようとすれば
するほどうまくいかなくなる
原因は、ここにあるのではと
私は思います。







相手に対して同感的な人は、
媚びを売っているようなので
まともな人からは距離を置かれ
ます。でも共感的な人は媚びを
売っているわけではないので
警戒されない。しかも不快な
コントロール的態度も無い。
何事も自然で無理が無いのです。


脱コントロール思考が先か
共感的理解が先かはわかり
ませんが、どちらにしても
コントロール思考にならない
ようにするために共感的な
思考はとても大事なのだと
思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロカウンセラーの聞く技術 [ 東山紘久 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)



posted by ごくう at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック