2016年11月19日

「長く続く関係の人」とはこういう人だと思う



生きていく上で人間関係という
のは、子供も大人も色々とある
ものです。友人、恋人、同僚、
家族、夫婦、どんな関係で
あっても「うまくいく」
いうことはなかなか難しい
ことだと思います。


私も40代になり、人間関係に
ついては若い頃と比べると
ある程度うまくなってきたと
自分では思っています。
これは自然に身に着けてきた
経験ということもありますし、
38歳の時に産業カウンセラー
の資格を取ったことも大きい
と思います。


それでもやっぱり人間関係が
原因でストレスを感じること
もあります。



ではどういう人間関係が自分
にとって良好なのか、今回は
それについて書きたいと思い
ます。





私が「良い人間関係」と思う
人は、例えば食事に誘って
断られたとしても「お互い
何の後腐れも感じない人」
です。


食事に断られたとしても
お互いに信頼関係があれば
別に何とも思いません。
またここも大事なのですが、
お互いに人として自信が
あれば、
断ったとしても
それほど変な感じにはなら
ないのだと思います。


もしこれがお互い信頼関係
もなく、自分に自信も無い
人だったら、食事に誘って
断られたくらいでもかなり
イヤ〜な空気になる
と思い
ます。


それは食事に誘ったことで
自分の価値を自分で測って
しまっている、ということ
もあると思います。


食事に行くか行かないかで
自分と相手に信頼関係は
あるか、自分の自信が傷
ついたりしないか、そう
考えてしまっている時点で、

もしかしたらその相手とは
良い関係、つまり長く続く
関係にはなれないのかも
しれません。





長く続く関係、つまり良い
関係が続く相手というのは、
お互いが「自然な感じ」
あることが多いのです。
自分と相手が50:50という
感じが多いので、どちらかが
我慢しなくてはならないと
いうことが少ない
のです。
相手と会って我慢しないと
いけない割合が多ければ多い
ほどストレスが溜まります
から、それで良い関係を築く
のは難しいですよね。


お互い何となくでも信頼関係
が出来ていれば、お互いが
違う意見をサラッと言える
はずです。またお互いが
人としてキチンと自信を
持てる人間ならば、相手と
違う面を見せてもそんなに
気まずくならないはずです。


相手の機嫌を損ねないように
しないといけない。

相手と同じような考え方を
しないといけない。


そんなことを常に考えながら
人間関係を構築しようとして
いるのだとしたら、それは
やはり長く続く関係には
なれない。これは友人でも
恋人でも同僚でも同じだと
思います。


関係を無理に長く続ける必要は
無いと思います。というより、
長く続けようと思って続ける
人間関係はあまりないと思い
ます。
先にも書きましたが、
長く続く関係の人というのは
何かと後腐れなく自然な感じ
なのです。



posted by ごくう at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444144336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック