2016年11月06日

「ゲームは1日1時間」と言われたのに、なぜスマホでは言われないのか



私が子供の頃ファミコンブーム
が起こり、それはすごいものが
ありました。私自身も子供の頃
からゲームは大好きで、それこそ
マリオにドラクエだけに限らず
色々なゲームをして遊んだもの
です(セガマークVとか)。


そんなファミコンブームの折、
あまりに過熱した雰囲気に大人
も警戒して、ゲームをやらせな
い空気もありました。私の担任
の先生は「友達の家でのゲーム
は禁止」
ということを言い出し、
自分の家以外でのゲームはダメ
というルールができたほどです。
今ならちょっとした問題になり
そうですが。





そうした中、当時ハドソンの
高橋名人が


「ゲームは1日1時間」


と言い出しました。これは当時
としてはインパクトのある言葉
でした。だってゲームの名人と
言われ16連射もできるような人が
(子供からすると神様的存在)
「ゲームは1日1時間」
言ったのですから、子供から
したら衝撃的なことです。


実は後から知ったことですが、
高橋名人は単に過熱化しすぎた
ファミコンブームを鎮静化させる
意味で言ったわけではなく、
ゲームもいいけど外で遊ぶことも
大事だよ、他のことも大事だよ、

という意味だったのです。
なので「ゲームは1日1時間」
だけではなく、その続きで


「ゲームは1日1時間。外で遊ぼう
元気良く。僕らの仕事はもちろん
勉強。成績上がればゲームも楽しい。
僕らは未来の社会人」



という言葉で全部だったのです。




今更ですがこれはとても深い意味
の言葉
です。ゲーム全盛期にこの
コメントを言う懐の深さもすごい
ですが、何より


「ゲームにハマり過ぎるなよ」


「ゲームにコントロールされるな」



と子供たちに諭してくれているの
です。ここに高橋名人をはじめ、
当時の大人たちの愛情を感じずに
はいられません(←大げさ?)。




現代を見ると、スマホに何時間も
使ってしまう子供や大人がいる
のに、「スマホは1日1時間」
「ネットは1日1時間」と諭す
大人の声は聞こえてきません。
むしろ大人がスマホやネットに
1時間以上の時間を費やして
いるように思います。(私も
1時間以上費やしています。)


スマホやネットもいいですが、
さすがに1日1時間を超えると
色々な意味でマズいような気が
します。特に子供がスマホや
ネットに1時間以上の時間を
費やすのは、多感な成長期に
何かおかしい気がします、
たとえそれがLINEのような
コミュニケーション系のもの
であっても。


現代人はファミコンをはるかに
超えるエンドレス状態のネット
環境下にいます。
しかも個人で
携帯できるスマホや3DSで簡単に
ネットに繋がりますから、ファミ
コンよりよほどドップリ浸かり
やすい環境
なのです。そんな状態
なのに子供たちが「1日1時間」
とは言われないのは、とても怖い
ことだと思います。


「スマホやネットも1日1時間」。
今の時代もこれくらいでちょうど
良いのではないでしょうか。




posted by ごくう at 02:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック