2016年11月05日

中学・高校の時に気付けば良かったと思うこと



私の長女は中学生なのですが、
現在まわりの友人と自分との
能力や性格の違いに、かなり
戸惑いや劣等感を抱いている
ようです。


今ちょうどテスト前の前の時期
なのですが、周りの子はみんな
自分より出来る、勉強以外に
関しても何でも出来るし色々
知っている、でも自分は勉強
は出来ないしスポーツも出来
ない。これといった取柄も無い。
何をやっても自分はダメだ、

こう言うわけです。






確かに娘は我が子ながらそれほど
勉強が出来るタイプでは無いと
思います。スポーツもどう考えて
も苦手。おしゃべりもうまくない。


ですが何事にもコツコツと取り
組むことができる
ので、もの
すごい成果を出すわけではない
ですが、一定(以上)の成果は
出しているのです。勉強もすごく
出来るわけではないですが、
平均かそれ以上には出来ている
のです。


しかし自分では出来ている感じ
がしないのです。



小さな時から自己肯定感が弱い
ところがある、と思っていまし
たが、中学や高校くらいの年齢
になるとそれが顕著に出てきて
しまっているのかもしれません。


私は親として、また一人の人間
として、「何もできないなんて
ことはない。お前は何事に対して
も自然とコツコツとやる能力が
あるし、それは粘り強さとも
言える。そういう人は最初は
要領が悪くうまくいかないかも
しれないが、要領をつかめれば
一気に伸びる可能性だってある
と思う。」
と言いました。
でも娘としてはそんなこと言わ
れても受け入れることができない
ものです。「自分は出来ない」
思い込んでいますから。






考えてみるとこれが反抗期と
いうものかどうかは分かりま
せんが、中学や高校くらいの
年齢の時にありがちな心理
状態
なのかもしれません。
私も中学・高校の時は本当に
劣等感の塊のようになること
が多かったです。何をしても
ダメ、ニキビだらけでルックス
にも自信が無い、そんなことを
毎日のように思っていました。


でもよく考えると「何にも無い」
なんてことのほうが有り得ない

のです。人には良い面と悪い面
があるのは当たり前ですから、


「すべてが良い、すべてがダメ」


なんていうことはまず無いですが、
中高生あたりの精神年齢だとどう
しても自分自身で極端なレッテル
貼りをしてしまいがち
なのでしょう。


私も中学の時は部活(バスケ部)で
パッとせず、しかもケガに悩まされ
中2の冬に辞めてしまっています。
今思えばたとえ見学だけでもいいから
部活を続ければ良かったと後悔して
いるのですが、その時の気持ちは
「自分なんかいても仕方がない。
いるだけでつらいから辞めよう。」

というものでした。


また趣味でも音楽にそれほど興味
が無かったのですが、周りは音楽
に詳しいヤツばかりで自分は置いて
きぼりを喰らったような感じ

なったものでした。






40代になった今思うと、本当に
「小さな悩み」です(笑)。
部活はそもそもそれほどうまく
なかったので、元々いてもいな
くても一緒でしたし、趣味だって
皆違って当然ですし。


でも中高生の時というのはそれが
割と深刻な悩みだったりするわけ
です。



けど逆に言うと、中高生で周りとの
比較や違いに悩み、壁にぶつかった
ほうが大人になってから生きやすい
んじゃないかな〜、
なんて思います。
やっぱりいいことも悪いことも、
その年齢でしか経験できないことは
その年齢で経験しておいたほうが
いいですから。


もし自分が中学・高校時代の自分に
アドバイスするなら、


「自分が思っているほどそんなに
悪いもんじゃないよ。もっと自信
を持って、思い切って行ったほう
がいい。」


「他人に惑わされるな。自分の
やりたいこと、好きなことを
素直にやっていけばそれでいい。」



という感じですかね。まあ自分が
中高生の時にそんなこと言われても
絶対理解できないと思いますけどね。




posted by ごくう at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック