2016年10月30日

良い言葉:虚栄を満たすには他者を必要とするが、誇りは他者を必要としない。




タイトルの言葉は『夜と霧』
で有名なV.Eフランクルの言葉
です。フランクルは心理学者
でもありロゴセラピー(実存
分析)でも有名な方です。


この記事のタイトルは省略
してますので、ちゃんとした
言葉を書きますと、


-------------------------
虚栄と誇りは違う。
虚栄を満たすには他者を
必要とするが、誇りは
他者を必要としない。

誇りとは、他者ではなく
自らを征服した者の、
内的な真の自信なのである。
--------------------------



になります。

この名言にはとても深い
意味があり、またとても
良い言葉だと思いました
ので今日はそれについて
書きたいと思います。






自分の虚栄心を手っ取り早く
満たすには、自分より下の
人を見つけたり、自分より
下の人を作ればすぐに虚栄心
を満たすことができます。


しかし自分より下がいること
で精神的に安心し、人生で
満足感を得ることができる
のならば、果たしてそれで
良いのでしょうか。


こうして自分より下を探して
付き合っていくことで虚栄心
は一時は満たせるかもしれま
せんが、これはいずれ行き詰
まる可能性が高い
と言えます。


というのも「自分を相手より
下に見られたい」という人は
稀ですし、また若いうちは
それでもいいやという人でも
正常に年齢を重ねていけば
「自分にもできる」という
領域が広がっていくので、
自分に自信がついていくもの
です。このように正常に年齢
を重ねていった人にとって、
自分を下に見てくる人など
必要ではない
ですし、一緒に
いても不快になるだけ
です
から、一緒にいたくはない
のです。


また自分より下の人を探して
ばかりいる人は自分自身を
客観視したり成長したりする
ことがなかなかできません。

自分より下を作ることで安心
を得ることは「虚栄」であり
「実栄」ではないので、いつ
まで経っても成長することは
できないのです。

(※虚栄の対義語は実栄とは
言わないでしょうが、ここでは
実栄としておきます。)






素直に虚栄を求めることを辞め
実栄を求めていけば、自分自身
が成長するしかないのだ、自分
より下の人とやたらと接して
いてもしょうがないのだ、

気付くはずなのですが、手っ取り
早く手に入る虚栄で満足すること
を覚えてしまうと、なかなか
実栄のために自分自身を成長
させてやろう、自分を征服して
いこう、
という考え方にはなら
ないのかもしれません。


しかし悲しいかな、虚栄では
いつかボロが出てしまうのです。

所詮は虚栄だから、と言って
しまえばそれまでですが、
自分が虚栄に満足していても
(ごまかせると思っていても)
世間の人は虚栄と実栄を見抜く
目を持っています
から、虚栄が
自然に消滅していくのは仕方が
ないことなのです。







他人をそれほど必要としない
実栄を手に入れれば(実栄を
目指す方向で生きていけば)、
必要以上に他人の目など気に
ならなくなります
し、自分の
人生を自分でより良くしていく、

という感じで精神的にも自立
(自律)できている人間に
なっていく
のだと思います。


しかし自分も他人にも虚栄を
認め、虚栄でいいやとごまかし
続けている人には、周りに
まともな人が集まってきません。
フランクルの言う通り、虚栄は
しょせん他人あっての虚栄なの
です。
しかし実栄は他人があろう
となかろうと実栄です。



それならば他人に左右されない
実栄(=他者ではなく自らを征服
した者の、内的な真の自信)

目指していったほうが、よほど
良い人生が送れるのではないか
と私は思います。




posted by ごくう at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック