2016年10月25日

とても良い記事:マウントポジションを取りたがる人の話



あなたのまわりにはマウント
ポジションを取ろうとする人
はいますか?


※マウントを取る、マウント
ポジションを取る、マウン
ティングとは、上に立とうと
する、優越的立場(優位性)
を誇示しようとする、
という
意味です。



このマウントを取ろうとする
人は男女を問わず案外いる
ものです。


私も昔から「何でこの人は
こんなにマウントを取ろうと
するのだろう??」
と思う
人がいました。


またこのブログでも「コント
ロール思考」
という言葉で
相手(他人)・状況・結果を
コントロールしようとする人
について書いてきました。


マウントを取る思考もコント
ロール思考も根っこは同じ
ような気がします。そこが
分かるとマウントを取ろうと
する人、コントロールしよう
とする人に対してうまく対処
できるようになって日々の
ストレスがかなり減ると私は
思います。






---------------------------------

基本的に身近な人には本当に恵まれていて、
性格がよくて明るくて自分の好きなことが
あって、悩んだり迷ったりするけどそれも
ちゃんと自分で受け容れているような、
そういう良い友人が多いのですが。
ごくごくまれに、仕事関係だったり、
大きめの飲み会の席で何となく隣り合わせ
になったりして、びっくりするほど攻撃的
な人
と出会うことがあります。


やたら自慢話や薄っぺらい哲学を披露した
かと思えば、急にこちらを見下したような
否定的な言葉を投げてきたり、「ヤダな」
と思って距離を置こうとすると追いかけて
きたり、よくわからない執着をしてきたり、
一体何がしたいんだろう、というような
タイプです。
こうして自分の考えや思ったことを公開し
続けていると、実際に会っていない人からも
そういう謎メッセージを受け取ったりして
驚くことがあるのですが、やはりそういう
タイプの人も、自分がいかに素晴らしい/
努力してきた/苦労してきたか
、を延々と
披露した挙句、だからお前はダメなんだ、
と攻撃してくることが多いです。


批判の意見は喜んで受けようと思って努力
しているんですが、意味不明な攻撃について
はどうしても受け容れ難く、何でこの人は
そんなことを言ってくるんだろう?もっと
生産的な、何か違うことにエネルギーを
使えばいいのに?と思うことしばしば。


ずっとそれをモヤモヤと考えていて、心の
なかのカテゴライズでは、そういう人たち
のことを「何かとマウントポジションを
取りたがる人たち」
という括りで考えて
いたのですが、ヒントになることがあり
ました。・・・・


引用:インターネットの備忘録
http://bit.ly/2dFggGj
---------------------------------






このブログでは引用してませんが、
記事の後半にとても重要なことが
書かれています
ので、ぜひ上記
リンクよりお読みください。



さて・・・、マウントを取ろうと
する人はやはり自己肯定ができて
いないのだ、
と思います。


自己肯定できていない人は他者
を肯定できない。自我が弱い
(自己理解が弱い)から自分
に自信が無い、だから他人も
あまり信用できない。
自分に自信が無いからその
穴埋めをするかのように虚勢
を張ってしまう。
でも所詮は
虚勢だから何となく浮ついて
いて(演じている感じがして)
マウントを取るような行動に
出てしまう・・・。


こんな負のサイクルでグルグル
と回っているのが「マウントを
取りたがる人」であり、「コント
ロール思考の人」だと思います。






自己肯定感がある人は、自分に
とってどうでもいい人に対して
「いい感じで放っておく」こと
ができますが、自己肯定感が
弱い人は相手をコントロール
しようとしていまいます。

そしてコントロールできない
となると相手を否定し始める
のです。


ひょっとするとマウントを取ろう
とする人、コントロールしよう
とする人は、実は相手に受け入
れてもらいたいのかもしれません。

一見すると相手に対して強気に
出て支配しようとしているように
見えますが、実は自分を受け入れ
てもらう人(場所)を探していて、
でも自己理解が弱いから強気に
出てしまって、それがクセに
なってしまっているのかも
しれません。
自己肯定感が強い人はそんなこと
せず、自然体ですから(ちゃんと
自分の場所を作ってますから)。



そう考えるとマウントポジ
ションを取ろうとする人、
コントロールしようとする
人は、本当はかなり寂しい
日々を送っているのかも

しれませんね・・・。


▼関連記事
老若男女問わず、誰からもほぼ
確実に嫌われる方法


とても良い記事:“リーダーシップ”と、
“ただの仕切りたがり”の違い





posted by ごくう at 23:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他人を支配したがる人って本当に何がしたいのか不思議ですよね。
でも、そういう人をじっくり観察してみると他に語ることものを持っていない、自分がない人に思います。
そういう人に会ってしまった時は反面教師にしてこういう人にならないようにしようと思うばかりです。
Posted by こーちゃ at 2016年10月27日 21:04
そうなんですよね、実はマウントを取りたいだけで
「他に語るものを持っていない、自分がない人」
が多い気がします。


このブログでも


「やりたいことが無いとコントロール思考になっていく」
http://shin-ikiru.seesaa.net/article/438023076.html



でも書いたのですが、結局コントロールする、支配
することが手段ではなく目的になってしまっている
だけなんですよね、マウントを取りたがる人って。
だから「何がしたいんだろ?」と周りから思われて
しまうのでしょうね。
Posted by ごくう at 2016年10月29日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック