2016年10月13日

良い記事:最悪!「何でも自分でやりたい病」を治す方法 いちいち100点を目指してはいけない




まずは記事から・・・。


--------------------------------------------

「この仕事は自分がやったほうが早い」
「あの仕事はほかの人には任せられない」……

このような思考の持ち主は、なんでも
かんでも仕事を抱え込むことになり、
結果的にプロジェクトが遅れることに
なります。



日本IBMのシニア・プロジェクト・マネ
ジャーとして数百人のメンバーを抱える
木部智之氏は、「外資系企業では、たとえ
能力があっても、仕事を抱え込んでしまう
人は無能と判断される」
と言います。
『仕事が速い人は「見えないところ」で
何をしているのか?』の著者であり、
自他共に認める“スピード狂”である
木部氏に、仕事のスピードが速い人が
実践しているクールな仕事の任せ方に
ついて教えてもらいました。


・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・


「俺ばかりが仕事をして、ほかのメン
バーは全然使えないよ」などと愚痴を
言う人がよくいますが、それは自分
自身が仕事ができないことを自慢して
いるようなものです。一人が仕事を
抱え込んでしまうと、そこで仕事が
滞留し、チーム全体の仕事が遅れる
結果となります。


特に、あなたがチームのリーダーで
ある場合は要注意。自分ばかりが
仕事を抱え込んでしまって忙しく
していると、チームを動かすと
いう最も重要な仕事をすることが
できなくなります。
抱え込む必要の
ない仕事は手放し、ほかのメンバー
に任せることが、チームの仕事効率
を上げるポイントです。


忙しいことを「偉い」と思っていないか?


「デリゲーション」という言葉を
ご存知でしょうか。私の仕事環境では、
わりとよく使われる言葉で、日本語
では「委任」とか「権限委譲」という
意味です。


世界的ベストセラーである『7つの習慣』
(スティーブン・R・コヴィー)には、
次のように書かれています。


「目標達成には、2つしか方法はない。
自分でやるか、ほかの誰かにその仕事を
任せるかだ。ほかの人に任せることを
デリゲーションと言う」


リーダー、特に大きなチームや組織を
率いるリーダーであればあるほど
「デリゲーション」をうまく活用しな
ければいけません。・・・・


引用:東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/138884
--------------------------------------------





こういう人、結構いるんですよね。
「忙しい、忙しい」と言うのでやって
いる仕事をよく見てみると、無駄な
作業系の仕事(エクセルでマクロ等
の機能を使わない、など)に膨大な
時間をかけていて、実はたいした
ことやっていない、とか・・・。
別に関わらなくていいことにやたらと
首を突っ込んでみたりとか・・・。


そういうのは「忙しい」とは言わない
でほしい、と個人的に思うのですが、


(膨大なしなくてもいい)作業で
忙しい


という人は案外珍しくありません。


そうではなくて、どんどんと仕事を
委譲(デリケーション)していけば
部下も伸びますし、仕事が属人化
せずに誰かが休んでもうまく回る
はずです。


「自分がいないとまわらない」


というのはダメな奴の証拠、と
私は社会人になって2、3年目で
上司から教わりましたが、全く
そのとおりだと思います。





私が過去にいた会社(流通業)は
年2回の長期休暇(10日)があり
ました。


できる人はほぼキッチリ10日の
休みを取ります。
10日間休める
ように普段からしっかりと周り
の人を教え込んでいるわけです。


しかしできない人は10日の休み
のうち、ヘタをしたら5日以上
会社に来て仕事をしています。
そして決まってこう言います。


「オレがいないと周らないんだよ
(ちょっと自慢げ)。」



私はこのような人と見るにつけ、


「自分は絶対こうはなるまい!」


と心に誓いました。だって休みも
キチンと取りたいですし、偉そうに
「オレがいないと・・・」なんて
言いたくないですからね。それに
デリケーションしていかないと
自分がどんどん老害化していく
感じもしますし。


権限移譲もせずに老害をまき散らし
たら「百害あって一利なし」です。
そうならないように注意していき
たいと思います。



posted by ごくう at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック