2016年10月10日

マンネリはコントロール思考の始まり



日々生活をしている、意外と多くの
ところで


マンネリを好む人


に出くわします。


私はやはり会社でこのような
マンネリを好む人を見かけます。


マンネリを好む人は、今までの
やり方がだとして、そのよりも
もっと良く、より効率的なという
やり方を誰かが思いついたとしても、
全力でを否定する、という傾向が
あります。


また自分がよく理解できないという
やり方があったとしたら、理解しよう
とする前にを否定してしまう。これ
もマンネリを好む人と言えます。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


マンネリを好むというと単純に


「同じ仕事ばかりすることを好む」


ということもありますが、それだけで
なく、上記のような


「ほぼ無条件で新しいやり方を
否定する」



というのもマンネリを好む人と言える
と私は思います。






このようなマンネリは私が見る限り
中高年の人に多く見られがちですが、
どうしても中高年になると経験や
権限がありますので、自分にとって
都合の悪いことは拒否しやすい環境
になってきます。


そこで自分の身を守るためか、単純
に面倒くさいからか、ラクな方へ
ラクな方へ
、また自分にとって都合
のいい方へ、いい方へ
誘導しがちに
なっていくのです。


つまり自らマンネリの方向に行って
いるのです。



このような流れが習慣化してくると、
様々なところで「コントロール思考」
が育ってきます。


都合の悪いこと、面倒くさいことは
避ける。もしくは始めから無かった
ことにしてしまう。これこそまさに
状況をコントロールして満足して
しまう「コントロール思考」です。






人付き合いにも同じことが言えます。


自分にとって都合の悪い人とは極力
接触しない。


自分にとって脅威となるような人は
悪者である。


自分より上(役職等だけではなく、
能力・ルックス・学歴なども含む)
は居心地が悪いから付き合わない。



このような感じで、人付き合いに
関してもコントロールしてしまう
人は、結局自分の領域を狭めて
しまうだけです。


人付き合いに関してもマンネリ化
している、ということはやはり状況
をコントロールしている
、という
ことが言えます。
(注:ただし明らかに自分にとって
マイナスとなるような人とは関わる
必要なありません。ここは大事な
ところです。)


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


仕事でも人付き合いでも


なんだかマンネリ化しているな


よく考えると意図的に自分から
マンネリ化していたよな



と感じることがあれば、そこは
行動を変えてみる必要があるかも
しれません。これを自覚せずに
放っておくと、どんどん「コント
ロール思考」
になっていき、
結果的に自分を苦しめることに
繋がってしまうのです。




posted by ごくう at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごくうさん

はじめましてSamと申します。
ブログへの訪問ならびに、
コメント頂きありがとう
ございました。

「コントロール思考」
たいへん参考になりました。

また、訪問させて頂きます。
本日の応援完了です。

Sam

Posted by Sam at 2016年10月10日 00:52
Samさん、レス遅くなりすいません。

コメントありがとうございます。

またブログサークルでもいつも

「いいね!」をありとうございます。

大変励みになります!
Posted by ごくう at 2016年10月29日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック