2016年09月25日

結婚したくてもできない人は、悪いコンディションを楽しんだり、うまく変えたりするスキルを持っていない。




私の住んでいるところでは先週は
ずっと雨、雨、雨・・・。


せっかくのシルバーウィークで
学校も会社も休みなのに、雨が
続いてウンサリした人も多いの
ではないでしょうか。


そんな雨が続いた1週間でしたが、
そこで思ったことがあったので
書きたいと思います。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


9/23は午前中から結構な雨で、とても
外出したくなるような天気ではあり
ませんでした。


そんな中、うちの次女が友達の影響から
3DSの「わがままファッションガールズ
モード」が欲しい、ということで、9月
の中旬頃からどのソフトを買おうかと
色々ネットで調べていました。
(シリーズになっている定番ソフト
なので、新旧色々あるようなのです。)


いままでもらったお年玉で「わがまま〜」
を買う、ということで「ネットで買う
のもいいけどブックオフに行きたい。
そこで選んでゲームを買うと思う。」
と話していました。


私も23日は暇でしたので、次女に付き合い
二人でブックオフに行くことにしました。


我が家は車が無いので近くのブックオフ
に行くのも結構な時間がかかります。


駅まで自転車なら5分ですが、歩いて
いくと15分はかかります。そこから
隣町の駅まで電車に乗り、その駅から
歩いて10分位のところにブックオフが
あるのです。なんだかんだいって
片道50分はかかる。


雨の中ですが、それでも行くことに
しました。



ブックオフでは最新の「わがまま〜」
がありましたが、色々見ていると
(3DSではなく)DSの初代の
「わがまま〜」がなんと108円
売られていました。


娘はどうするか悩みましたが、結局
とりあえず古い108円の「わがまま〜」
を買い、それが終わったらまた新しい
「わがまま〜」を買う、ということ
になりました。


私も私で古いPSPのソフトを見て
いたところ、
「幻想水滸伝 紡がれし百年の時」
というソフトがこれまた108円
売られていたので、思わず買って
しまいました。(私はこの幻想
水滸伝シリーズが好きなので。)


そんなこんなでブックオフから
出たのですが、相変わらず外は
雨がひどく、私は少し疲れて
きました。


なので帰りは最寄駅から家までは
歩いて帰らずタクシーを使って
帰りました。このタクシー代は
730円でした。


雨がザーザー降っている中、
わざわざ片道50分もかかるブック
オフに行き、そこで108円のゲーム
を2本買って、タクシーで730円
使って家に帰る。それでその日の
午前中は終わり。



私と次女の23日の休みはそんな
感じで終わりました。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・






 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


こんな感じの日を過ごして、私は
思いました。


「こんな日でも【そこそこ楽しめた】
と感じているから、我が家はなんとか
成り立っているのだ。」



 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


私の職場の知り合いに「結婚したい
けど、結婚できない」
というアラフォー
の男性がいます。


アラフォーになるまで何度か付き合った
女性がいるのですが、どうにもうまく
いきません。付き合っても付き合っても
すぐ別れてしまう(おそらく振られて
しまう)のです。


そんな彼と一度仕事のことで話をして
いて「?」と感じたことがありました。


私の会社は土曜日勤務がある時がある
のですが、土曜日の仕事は平日と違って
仕事量が少ないのです。


土曜日勤務の時の90%以上は定時
よりも2時間程度前に仕事が終わって
いる
のです。


そんな状態ですので、私が


「土曜勤務の時はせめて1時間は
早く帰れるように就業規則を変え
たらいいのにな〜。」



なんてボヤいていると、彼は


「そんな考えはおかしい。仕事が
あろうとなかろうと、就業規則通り
の時間に帰るのが当たり前です。」



と言うのです。


私はこれだけ早く仕事が終わるの
なら、その就業規則自体を変えても
いいんじゃないか?と軽い気持ちで
言ったのですが、続けて彼は


「仮に1時間早く帰ったとして、
何をするんですか?別にいいじゃ
ないですか、1時間くらい。」



と言いました。


私は仕事に対する考え方は人に
よって色々あると思いますので、
どうでもいいと思っているのですが、
私が気になったのはどこか教条主義的
というか、原理原則は絶対だ、という
ような、臨機応変に考えられない
彼の考え方
です。


私はこのやりとりをしている時に
直感的に


「あ、だからすぐに彼女と別れ
ちゃうんだな。」



と思いました。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・






 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


結婚して子供ができたら、基本的に
「臨機応変の連続」だと私は思って
います。


子供は自分の思い通りになんかまず
ならない。


仮に私や妻の思い通りにさせたと
しても、おそらくどこかでその
反動がくる。



そう思っています。


また子供がいたら


「なんだ、バカバカしい」


と思うことが多々あります。


でも大人からしたらバカバカしい
と思うことでも、子供からしたら
真剣そのもの
です。だから子育てを
していると子供に「バカバカしい」
なんていう気持ち自体が失せてきて、
「子供とはこういうものなんだ」
というような、ある種の達観の
ようなものが出てきます。
こうして親も「少しずつ親になって
いくのだな」
という感じです。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・






 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


長く書いてしまいましたが、
「結婚したくてもできない」と
いう人の多くは、ルックスとか
年収とかというよりも、


家族ができた時に、大雨の日に
108円のゲームを買いに行って、
さらにそれを楽しむ余裕(度量)
があるか、無いか



というようなことだと思います。


自分で言うのもなんですが、自分
みたいな人間が結婚して家庭を
維持していられるのは、その
ような度量が自分にあるからだ、
と感じています。


結婚したくても出来ない人は、周りの、
もしくは自分のルールのようなものに
縛られ過ぎていて、それを変えること
ができない人が多い。そしてそれを
変えるようなものなら、やたらと反対
してしまう。(変える度量が無い。)


「いま、ここ」を楽しむよりも、
教条主義的とも言うくらいルール
に縛られてしまう。しかもそれを
信じて疑わない。



 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


おそらくですが・・・、結婚を
考えるような人は、付き合う
時点で【無意識に】このような
こと
、つまり臨機応変に動けるか、
あまり良いコンディションでは
ない時にもそれなりにうまい方向
に持っていけるか、ということを
見定めているような気がします。


人間、いつもコンディションが
良いとは限りません。
いかにコンディションが悪い時
でもそこから良い方向に無理なく
持っていけるか
、もっと言えば
悪いコンディションでもそれを
楽しくすることができるか。

ここは恋人や夫婦を続けていく
上でとても大事なスキルだと
思います。



結婚したくても結婚できないと
嘆いている人は、このような
悪いコンディションを楽しむ
スキル、悪いコンディションでも
良い方向にもっていくスキルを
持っていない
のだと私は考えて
います。




posted by ごくう at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック