2016年08月21日

若い人が普通の昼間に働き、中高年のおばさんが深夜に働くということ




私の家の近くにピアゴがあります。
ピアゴを知らない方もいると思い
ますので説明しますと、ユニー系
でミニスーパーのようなものです。
ミニスーパーですが24時間営業で
やっており、コンビニで買うより
安いので私はよく利用しています。


このピアゴを利用していて何だか
妙なことに気付きました。



店員を見ていると一般的な昼〜夜
くらいまでは大学生くらいの人が
働いていて、深夜11時〜早朝6時
くらいまでは中高年のおばさんが
働いているのです。


ほんの一昔前ですと夜中のコンビニ
や飲食店は大学生のバイトがやって
いて当然という風景でした。


しかしそれが今は違うのです。


これは単なる偶然なのかもしれませんが、
うちの近所で夜中に働いているのは
中高年のおばさんがとても多いのです。





大きな理由は2つあると思います。


まず一つは大学生が「とても忙しい」
ということです。


今の大学は月曜の祝日も授業があったり
します。ハッピーマンデー法で3連休
が増えたおかげで月曜の休みが多く
なりました。それをその通りにやって
いたら月曜の授業が極端に減って
しまうため、月曜が祝日でも通常通り
授業がある場合が多い
ようです。


さらに大学の授業も(20年前の私の
時代と違って)厳しくなっている
(まともになっている)気がします。


サボっても単位が取れるのが当たり前
の時代とは違って「出席してしっかり
勉強するのが当たり前」
なのです。
なので学生はちゃんと授業に出ないと
いけません。いくら若いとはいえ深夜に
ガッツリとバイトをしてしまうと翌朝の
授業に出れないのだろうと思います。
だから深夜にバイトがなかなかできない
のだと思います。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


そしてもう一つの理由は中高年側です。


私も中高年なので分かるのですが、
収入と教育費(子育て)のバランスが
とても厳しい
と感じています。


私の月給がだいたい43万。これで
手取りは34万くらいです。
そこから住宅ローンやら光熱費やら
生活費を引くと本当にほとんど残り
ません。



そこに子供の教育費がかかってくる
わけです。幸い(?)うちの子は
塾には行っていませんが(代わりに
中学生の子はスタディサプリを、
小学生の子はチャレンジをやって
います)、もし塾に行くとなると
一人月3万以上はかかるでしょう。


もし塾代を出すとした場合、今の私の
月給からは無理ですので妻のパート代
から出すか、私のボーナスから出すか、
もしくはこども手当(児童手当)から
出すか
、になります。いずれにしても
一人月3万以上出すのは厳しいのが
我が家の現状です。


そうなると子供の塾代、自分たちの
老後の生活費、車を持っている場合は
車の維持費、田舎への帰省代などを
考えると、割のいい深夜にバイトを
する中高年の主婦の気持ちは理解
できます。


あるいは深夜に働く中高年の女性は
主婦ではなくシングルの人かもしれ
ません。
だとしますとそれも理解
できるのは、中高年の世代で女性は
若い時に正社員で働けなかった人が
結構いるわけです。私も氷河期世代
なのでわかるのですが、大学を出ても
正社員になるのは本当に厳しい時代
でした。正社員になれるだけで
ラッキー
という空気が漂っていま
したから。


そんな時代だったので非正規社員に
ならざるを得ない人は案外多かった
のです。そのような人たちが40代以上
になり、夜中の深夜にバイトをする
しかない、というケースもあると
思うのです。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


上記の私の考える理由が正解かどうか
は正直分かりません。ただどんな理由
にせよ、10年〜20年前とは明らかに
違う光景が「今、ある」
ということです。
そしてこの光景は昔と比べてどんどん
日本が貧しくなっている
ということを
現していると思います。どう考えても
10年前、20年前と比べて世の中が
「暗い感じ」がしている。それが
今の私の実感です。



posted by ごくう at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック