2016年07月16日

仕事の報酬は仕事。そしてギブアンドギブ。


「仕事の報酬は仕事」という言葉が
あります。とても深い言葉です。

私は過去に何度かこの言葉を聞いた
ことがありますが、

「確かにそのとおり。」

という面と、

「本当にそれでいいのか?」

という思いが入り混じっていました。


「仕事の報酬は仕事」という言葉は
何だか仕事を押し付けられそうな
気もしますし、また従業員ではなく
経営者にとって都合の良い言葉な
感じがして(仕事の報酬は仕事だから
給料は上げなくてもいいだろ的な)、
あまり良い印象はありませんでした。





しかし最近になって「仕事の報酬は仕事と
いうのは、その通りだな。」
と思うこと
が多くなってきました。それは「仕事の
報酬は仕事」
のサイクルに入ると、金利の
複利計算のような感じ
でどんどん仕事が
回って来やすくなり、結果として自分が
成長できる(給料が上がる)チャンスが
あるからです。


こうなると仕事の幅が広がり、会社内で
「仕事の長期分散投資」的な感じになり、
色々な面で有利になっていくのです。
(長期分散投資的なので、すぐに給料や
ポジションに反映されないのは残念
ですが、ある程度は仕方のないこと
かもしれません。)



反対にこのサイクルから外れてしまった
人は、仕事が仕事を呼ぶ状態ではないので
自然と仕事の領域が狭くなっていきます。

仕事の領域が狭いのでやっていることも
限られており、いつ誰に代わられても
おかしくないポジション
になってしまい
ます。このポジションは極めて不利ですし
精神的にも良くありません。








このような長期的スタイルがいいか
悪いかは別にして、忘れてはいけない
ことは、結局「仕事の報酬は仕事。
なおかつギブアンドギブの精神を
忘れずに。」
ということです。


ギブアンドギブ的なマインドがある
からこそ「仕事の報酬は仕事」に
なってくるのです。テイクアンドテイク
では絶対にこうはなりません。


一度「仕事の報酬は仕事」のサイクル
から外れてしまったら、そこに戻るのは
容易ではありません。日々コツコツと
やって、コツコツと実績を出している
人だけが「仕事の報酬は仕事」のサイクル
に入ることができます。
そしてそのような
人たちはほぼ例外なくギブアンドギブの
精神を持っています。



長いこと社会人をやっていると「仕事の
報酬は仕事」だと「やってられない」
「割に合わない」と感じることもある
と思います。しかしだいぶ後になって
「仕事の報酬は仕事+お金+ポジション」
ということも出てきます。これは社内
だけとは限りません。力があれば転職で
スキルアップということもあるでしょう。

だから「仕事の報酬は仕事」の考え方と
「ギブアンドギブ」の精神は忘れては
いけないのです。

---------------------------
▼参考記事

仕事の報酬は仕事
http://amba.to/29BYzWh
(人の心に灯をともす)
---------------------------

清貧と復興 [ 出町譲 ]
価格:1439円(税込、送料無料)

posted by ごくう at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440102537

この記事へのトラックバック