2016年07月13日

気になる記事:次の「円安ドル高」は意外な形でやって来る 「ヘリコプターマネー」期待で進む円安


[ヘリコプターマネー] ブログ村キーワード


安倍首相とバーナンキ前FRB議長が会談
したとかでヘリコプターマネーが議論された
のでは?
という憶測があるようですね。


実際のところはわかりませんが、政府は
「ヘリマネは検討していない」と言って
いるそうです。まあ検討していたとしても
「ヘリマネを検討しています」とは言える
わけがありませんが。


日本はもう行き着くところまで来てしまった
感じがあります。
もう金融政策ではダメで
財政政策で思い切ったことをやるしかない、
と考えても何ら不思議ではありません。






------------------------------------------


(途中省略)


いよいよ「インフレによる借金踏み倒し」
が始まる?



先日、ある著名経済学者の方と話す機会が
あったのだが、話の内容はこうだった。
「日本の金融政策には限界が来ている。
しかし歴史的に日本ほどの巨額の財政赤字が、
真っ当な緊縮財政で返済されたことはなく、
最終的にはインフレで踏み倒すことになって
いる」。



では、そのインフレがどのタイミングで
やってくるかと言えば、それは「財政への
信任が毀損された時」、ということになる
のだろう。すなわち、恐らくではあるが、
次の円安局面は金融政策がきっかけではなく、
意図的な財政拡大策がきっかけとなる
可能性
が高い。


今がその時なのであろうか?筆者はまだ、
その時には至ってないと考えている。だが、
もし安倍首相の打ち出す経済対策の規模が、
びっくりするぐらい大規模だったとしたら、
それがトリガー(引き金)になる可能性は
ないわけではない。つまり、もう返す見込み
のないお金で景気刺激を始めたということだ。

選挙の結果、政治力を増した安倍首相の次の
一手は注目される。


引用:東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/126848?page=3
------------------------------------------





posted by ごくう at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック