2016年07月10日

やる気(モチベーション)にコントロールされない



私の子供は勉強(宿題)やお稽古事
(スイミングなど)をやる時に


「やる気が出ない」


ということをよく言います。

やる気がある時はやるけど、やる気が
無い時はやらない。

この考え方は「やる気」というものに
コントロールされています。



そもそも「やる気」って何なのか?
私は基本的に天気のような一時的なもの
だと考えています。


確かに「やる気」があると自分の能力が
2倍にも3倍にもなったような気がして、
良い気分になって課題を進めることが
出来た、という経験は誰にでもあると
思います。


しかし何でもかんでも「やる気」のせいに
してしまうと、いつの間にか「やる気」
にコントロールされ、


やる気が無い=やらないくてもよい

やる気が無い=環境が悪い

やる気が無い=課題が難しすぎる



などというように「やる気が無い」
ことを状況のせいにして正当化しようと
してしまいます。(これでは天気にコント
ロールされているようなものです。)






もし「やる気」にコントロールされて
いなければ、最終ゴール(本来の目的)
に向けて粛々と課題をこなしていく
ようになる
、と私は考えます。


もちろんその途中ではモチベーション
が落ち、手が止まってしまうことも
あるでしょう。イヤなことがあったり、
うまくいかなかったり、疲れが溜まったり
したら一時的にはそうなることもある
のは仕方がないことだと思います。


しかし最終ゴール(本来の目的)さえ
しっかりと持ち忘れずにいれば、一時的
な停滞はあっても「やる気」にコントロール
されてしまうことは無いと思います。






「やる気」から脱コントロールするためには

・自分の本来の目的を忘れないでいること

・もし本来の目的が分からなければ、途中で
 見つけるように努力すること


が大事なのだと思います。これはどんなこと
にも当てはまることです。


考えてみれば「脱コントロール思考」は、


・相手や状況をコントロールせず。
 自分に対しても過度にコントロールせず。


・コントロールしない、されない。



という思考です。自分の本来の目的がちゃんと
分かっていれば、またもし本来の目的が今は
分からなくても、それを探すよう気をつけて
いれば、一時的なモチベーションなんて関係
ないのかもしれません。




posted by ごくう at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック