2016年06月26日

「自分−会社=」の答えを考える


自分と会社の関係について、じっくりと
考えたことはありますか。


会社に入りたての入社3年目まではよく
考えたことがある人も多いと思いますが、
長年会社にいると自分と会社の関係を
考えることが減ってくるのだと思います。


そこでタイトルと同じになりますが、
以下の式を自分のこととして、あるいは
身近な方のこととして考えてみてください。


-----------------
自分−会社=??
-----------------



もしこの答えが「0、もしくは-1以下」
の方はちょっとこころが危ないかも
しれません。


まず0の場合。


会社にかなり依存している可能性が
高いといえます。
特に人間関係が会社に依存してしまって
いる場合、仕事が終わった後や休日に
なると孤独感に襲われることがある
のではないでしょうか。


そして-1以下になった場合。


自分から会社を引いてマイナス圏に
なると感じている方は、そのマイナス感
を埋めるべく、無理矢理趣味を見つけたり
何かやろうとしてはいませんか?

穴を埋めるべく何かをやったとしても、
結局は何も無い可能性が高いですし、
そもそも疲れてしまって続かないと
思われます。マイナスを埋めようとして
頑張らないほうが賢明でしょう。



では+1以上の答えになった方。


自分から会社を引いて「+1以上」と何らか
のことで「プラス」と答えた方は、仕事
云々というより、人生自体が楽しい方向
に行っていると思います。


仕事(会社)を取っても何かすることが
ある、何か楽しいことがある
と感じる人
が「1以上(プラス)」と回答するのだ
と思います。ということは、仕事に
対してもプラスの見方をしている可能性
が高く
、会社ライフは嫌なことがあった
としてもトータルで見ればプラスな生活
を送っているのではないかと思われます。




「0」もしくは「-1以下」になった方、
今は辛いことの方が多いかもしれませんが、
何も絶望することはありません。


「0」もしくは「-1以下」と感じている
方は、何らかの原因(きっかけ)があって
そう思っているだけ
の可能性が高いです。


改善する方法として、まずは


「マイナスだけでなくプラスのことも見る」


ようにしてみてください。これは自分自身、
会社、同僚、友人、家族、何でも構いません。
一日1つでも良いので、何らかのプラスの
ことを見つけていくと、脳がプラスのことに
反応するようになってきます。そうすると
今ある現状に実は大きなプラス(資産)が
あることに気付くことができます。



「私には何もない」
「会社に行ってもマイナスしかない」



と感じることも、実はプラスの資産の側面
を持っていることが多いのです。
そこに
気付くことができると、少しずつであっても
プラスがプラスを呼ぶようになってきます。


ただ注意しなくてはいけないことがあります。
プラスの面をマイナスにしてはいけません。
またマイナスの面を無理矢理プラスにしても
いけません。とにかく自分でコントロール
せず、そのまま捉えるようにするのです。



プラスはプラス、マイナスはマイナス、ゼロ
はゼロとコントロールせずにそのまま受け取り、
その中でプラスの面を見逃さないでしっかりと
捉えて生活していく
だけで、だいぶ人生が
変わるはずです。


そう考えると「自分−会社=」の答えは実は
何でもいいのかもしれません。この答えは
ゼロでもマイナスでもプラスでも、常に変動
する答えでもあります。ですが注意しないと
いけないのは、「答えをコントロールせず、
そのまま捉え、意識する」
という客観性です。
こころが弱っている時ほど客観性が弱くなり
マイナス面ばかりを捉えがちになるので、
注意が必要なのです。





posted by ごくう at 15:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は自営業で仕事していますが、休みも少なく夜も働いています
働くための生活なのか
生活のために働いているのかよくわからないです^^;
Posted by アリス at 2016年06月28日 21:58
アリスさん、こんばんは。

なんだか大変そうですね・・・。


>アリスさん
>
>僕は自営業で仕事していますが、休みも少なく夜も働いています
>働くための生活なのか
>生活のために働いているのかよくわからないです^^;
>
Posted by ごくう at 2016年06月30日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック