2016年06月20日

ためになる情報:暗記しようとせずに暗記するとは? 3か月で5000語も覚えてしまった「独特の記憶術」




暗記・・・。

学生の頃はもちろん暗記をしましたし、
社会人になっても何かと暗記をする
機会があるように思います。


実は私は暗記が得意です(笑)。


そのまま覚える→死ぬほどつまらない

→語呂、圧縮、イモヅル式などにして

面白く変換→サクサク頭に入る・・・・


という仕組みを大学受験時に自分なりに
確立しました。

この方法で日本国憲法から英単語まで
サクッと頭に入れ、受験に臨んだものです。

そんな私ですが、下の方法には興味があり
ますね・・・。暗記は基本的に楽しいもの。
そこにすごく共感しますし、暗記法の技を
いろいろ知っていたほうが便利そうです。





------------------------------------------

「しなければ」と思うから暗記できない


何かを勉強しようというとき、暗記はかなり
しんどい努力を要すると「誤解」されています。



勉強でも仕事でも、とにかく何かを覚えないと
始まらないという場面はたくさんあります。
英単語はまさにその代表格ですが、仕事でも、
プレゼンのためにいろんな数字やファクトを
頭に入れなくてはいけない場面などがある
でしょう。


私も経験がありますが、暗記という作業は
単調なので、むきになって暗記をしようと
すればするほど、何度やっても暗記できない

自分に腹が立ったりしてストレスになりがち
です。


私は、「ケンブリッジの大学院に行きたい」と
思い立ったとき、まずは身近な参考書に取り
組んでみたのですが、英語圏の大学院を目指す
レベルの参考書の単語がまったくわかりません
でした。


そんな程度の単語が暗記できなければ話にも
ならないのに、それがなかなかできない。
「しなければいけないのにできない」という
ことがストレスになり、苦手意識も手伝って
さらに暗記ができない、したくない、という
悪循環に陥ってしまいました。・・・・


引用:ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/64980
------------------------------------------

努力が勝手に続いてしまう。 [ 塚本亮 ]
価格:1404円(税込、送料無料)

posted by ごくう at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック