2016年06月18日

運が悪い人は自分で運を悪くしている可能性が高い



運が良い、悪いというのは一体
どこから来ているのでしょうか。


人の運は人生でトータルでは
一緒、だから良い運を使って
しまうと後は悪いことしか
起きない、なんていう人も
いますが、明らかにずっと
運が良い状態が続いている
という人もいます。
またその
逆で明らかにずっと運が悪い
という人もいます。








運が悪い人を見ていると、
活動・思考のフィールドが
自分だけ
、という人が多い
ように思います。例えば
友人5人と旅行に行くと
しましょう。


自分(1人)だけが楽しむ

自分+友人(1人)が楽しむ

自分+友人(2人)が楽しむ

  ・   ・   ・
  ・   ・   ・
  ・   ・   ・

自分+友人(4人全員)が楽しむ



というように、楽しむフィールドが
ありますが、「自分ひとりだけ」
という人は運が悪い人
です。
そして一緒に楽しめる友人が多い
ほど運が良い人と言えるでしょう。


これはどんなことにも当てはまります。






もう一つ例えを出すと、私の身近な
人によく「仕事運が無い」と言う人
がいます。その人は仕事を進める
上で考えるフィールドがほとんど
常時「自分」のみ
です。まわりの人が
もっとラクになるようにこれを
伝えよう、これをやってみよう、
とは絶対にしません。なので
周りの人のための活動フィールドが
思いつかず、自然と仕事の領域
自体が狭くなってしまっている
のです。


そのくせ「誰も私を必要としていない。
もっと私を必要とする仕事に転職
したほうがいいのかも。」
などと
言っています。本当は自分の周りを
見ればいくらでもやることがある
のに、自分の活動フィールドしか
見えていないので、やることが
自然と無くなってしまった
のです。







ここで運と活動(思考)フィールドと
コントロール思考の関係をまとめて
みたいと思います。

-----------------------------------------


【運が悪い】


<活動・思考フィールド>
狭い(自分のみのことが多い)


<コントロール思考>
強い(自分中心となりがち。狭い
領域にしか意識が無いので、その世界を
コントロールしていないと気がすまない。



-----------------------------------------


【運が良い】


<活動・思考フィールド>
広い(身近な人<数十〜百人<世界全体、
という感じで広い意識がある人ほど
運が良くなる。)


<コントロール思考>
弱い、もしくはほとんどゼロ
(周りをコントロールしようとはしない。
活動・思考の領域が広いのでコントロール
することにとらわれておらず、自分から
身軽にどんどん行動していく。


-----------------------------------------


という感じです。


上記の関係で見ると、運が良い・悪いと
いうのは結局自分でそうしているのです。
運が悪いことを周りのせいにしている人は
コントロール思考が強すぎるから
です。
このような人ほど「身近な人が悪い、
会社が悪い、家族が悪い、社会が悪い」
と考えがちですが、それでは活動・思考
フィールドがどんどん狭くなっていき、
ますます運が悪くなる、という悪い
スパイラルにハマってしまいます。


運を良くしたかったら、自分の活動・
思考フィールドを広げ、周りをコント
ロールしようしないことが大事
だと
言えそうです。




posted by ごくう at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック