2016年06月11日

気になる記事:日本の財政は「余命5年」?


まずは記事から。

-----------------------------------------

きのうのニコニコ超会議で、言い忘れたことが
一つある。社会保障の問題は世代間のゼロサム・
ゲームではないということだ。最近、元IMF理事の
ブランシャールが、日本の財政破綻を予想して
話題になっている。・・・


(省 略)


あと5年から10年の間に、日本の財政が破綻し、
高率のインフレが起るおそれが強いという。

安倍政権が財政再建を放棄したと市場が判断すると、
国債が投げ売りされ、金利と物価が暴騰する。


世界的にみても、マイナス金利の国債は激増し、
その残高は7兆ドルにのぼっている。こういう
異常な事態は、金利が反転して暴騰する前兆で
あることが多い。
それがリーマン・ショックの
ような「大爆発」になるかどうかは、中央銀行と
政府の「総力戦」だ。・・・・


引用:アゴラ
http://agora-web.jp/archives/2018958.html
-----------------------------------------






タイトルでは「余命5年?」とあるが、
もうそう言われ続けてかなり経つ。
私は2010〜2015年あたりが怪しい、
と1998年あたりから思い始めて
いましたが「よくここまで持ったな」
というのが率直な思いです。


思えば1990年代あたりから、日本の
総理はコロコロと変わってきました。
あまりにコロコロ変わるため、国民は


「もう誰でもいいや・・・」

「もっと安定してやってほしい・・・」



という気持ちになってしまいました。
そこで小泉総理以来の長期政権である
安倍総理の「アベノミクス」には、
問題があっても、一時的なものでも、
日本が少しでも良くなればいいや、
というような感情が国民にはあった
と思います。(また当時は民主党の
酷すぎる政治にうんざりもしていた、
というのもあったと思います。)


他に任せる党も無いし、自民党の
安倍さんでいいや・・・。



アベノミクス?よく分からんけど、
少しでも大企業が儲かればトリクル
ダウンで日本全体が良くなるんじゃ?


そんな漠然とした感じで安倍さんに
託してきました。


しかしアベノミクスは輪転機グルグル
大作戦ですから、いずれ期限がきます。


安倍総理としてはその期限が来る前に
円安によるトリクルダウン効果で国の
経済が良くなるだろう、と考えていた
のでしょうが、案の定(?)そんな
単純なものではありませんでした。






さあ、次はどうなるのでしょうか。
どんなカンフル剤を使って経済を良く
しようとするのでしょうか。


私はもうその考えではどうしようもない、
と思っています。もう「詰んでいる」。
北斗の拳の「お前はもう死んでいる」
の世界なのです。「アベシッ!」と
なる前に、いかに資産を円から逃すか。
今まさにそのところにいると思います。


posted by ごくう at 14:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ごくうさん 久しぶりです。 私も日本は、のたれ死に寸前だと思っています。我々は、次の世代のためにサバイバルする義務があると思いませんか。残念ながら、次の世代に祖国の再建をゆだねるしかないないかもと思ってしまいます。我々は、次の世代の重荷にならないように経済的な自立を図らないとではないでしょうか。私は、潰瘍性大腸炎から癌を発症してしまった人間ですし、結婚のできない魅力のない人間ですが、サバイバルのためにゴールドの購入やアメリカ株のETF セゾングローバルバランスといった投信の購入で国家破産に立ち向かいたいと考えます。ゴクウさんは、2人の娘さんのために立ち向かう義務があると思います。戦いましょう。
Posted by ケン at 2016年06月13日 19:45
ケンさん、こんばんは。

おっしゃる通り、現世代には次世代に対する責任が
あると思いますので、なんとかサバイバルできるよう
手を講じています。ケンさんと同じくゴールドや
ETFや投資信託にお金を移動させておけば、
少しでもリスクヘッジになると思います。

お互い国家破産から逃げ切れるよう頑張りたい
ですね!


>ケンさん
>
> ごくうさん 久しぶりです。 私も日本は、のたれ死に寸前だと思っています。我々は、次の世代のためにサバイバルする義務があると思いませんか。残念ながら、次の世代に祖国の再建をゆだねるしかないないかもと思ってしまいます。我々は、次の世代の重荷にならないように経済的な自立を図らないとではないでしょうか。私は、潰瘍性大腸炎から癌を発症してしまった人間ですし、結婚のできない魅力のない人間ですが、サバイバルのためにゴールドの購入やアメリカ株のETF セゾングローバルバランスといった投信の購入で国家破産に立ち向かいたいと考えます。ゴクウさんは、2人の娘さんのために立ち向かう義務があると思います。戦いましょう。
Posted by ごくう at 2016年06月17日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック