2016年05月27日

テイク&テイクだと結局【大損】する


ギブアンドテイク(give-and-take)」
という言葉があります。意味を調べると、


「相手に利益を与え、自分も相手から
利益を得ること。」



と出てきます。仕事ではこれが基本だ、
なんて言う人もいます。


私もそう思っていました。


それも仕事だけではなく、人生自体が
ギブ&テイクなのではないか、と。


しかしこのブログでも紹介しましたが、
人生で豊かに過ごせる人は「ギブ&ギブ」
のようです。


▼参考
とても良い記事:人生を豊かに生きる人の
共通点は「ギブアンドギブ」

http://bit.ly/1TYFbO8


見返りを求めず、自分がやりたいから
する。いたってシンプルな行動ですが、
どうしても何らかの見返りを求めて
しまうのが人間の性というもの。
しかしその見返りを求めない「ギブ
&ギブ」
の姿勢こそが周りから
共感を得、助けてもらったり大事な
情報をもらえたりするのです。






ところが「ギブ&ギブ」の正反対の
「テイク&テイク」という人も世の中
にはいるものです。


上記の過去ブログにも書きましたが、
「テイク&テイク」の人は自分の
利益を得るために人を「上か下か」と
区分したり(差別したり)しがちです。
対等に接する、ということが出来ない
のが「テイク&テイク」の人の特徴
とも言えます。


また「テイク&テイク」の人は
常に自分の利益を最大化しようと
躍起です。ちょっとした会話でも
「私はコミュ力があるからこのように
話をしているのだ」という空気を
出したり、ちょっと飲みに行くに
しても「何か魂胆がある」という
感じがしてします。






問題はこのような「テイク&テイク」
が他人には分からないだろう、と
思っていても、自然と人に伝わって
しまうということです。

(無意識で「テイク&テイク」
人も多い気がしますが・・・。)


人は「テイク&テイク」に基本的に
敏感です。自分から「何かが奪われる」
という感じがするのですから、敏感に
なって当然でしょう。


しかし「テイク&テイク」の人は
それが分かりません。


自分がコントロールしているのだ、と
勘違いしているのかもしれません。


でも「人をコントロール」なんて
できないものです。


結局「テイク&テイク」は周りから
反感を買ったり、相手にされなく
なってしまって、長い目で見れば
大損してしまうのです。


「テイク&テイク」だとコントロール
体質になってしまうのかもしれません。



目先の利益を最大化しようとして
「テイク&テイク」になってしまう
よりも、力を抜いて「ギブ&ギブ」
いう姿勢でいたほうが、結果として
自分の利益になるような気がします。




posted by ごくう at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック