2016年05月22日

コントロールするよりも機能することを目指す



突然ですがコントロール思考の人で


「自分が周りをコントロール
している」



と自覚している人は
一体どれだけいるのでしょうか?


「周りをコントロールする」と
いうことは、それくらい自然に
というか、ごく当たり前のように
やってしまうものになる、という
のが私の印象です。一度コント
ロールしてそれで快感を覚えたら
もうやめられない。
これはもう
麻薬みたいなものですね。


   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・


コントロール思考になると他に
何もしなくても、あたかも


「自分は何かをしている」


と錯覚をおこしやすい。


ただ単にコントロールしている
だけで、何の成果も無いのに、
「何かをやった」と思って
しまう。ここも麻薬のようで
怖いところです。


周りをコントロールして何かを
やって成果が出ているのか、
それとも成果が出ていないのか、
そこは冷静に見ないといけません。






もし幸いにも「自分はコントロール
して満足しているだけだった」

気付けたのなら、コントロールする
ことよりも「自分が機能する」こと
にパワーをかけるようにしていった
ほうが良いと思います。


   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・


例えば母親であるなら、子供に厳しく
したり怒ったりするのも一つの役割
ですが、これだけではコントロール
になってしまいます。
厳しくしたり
怒ったりしつつも、やさしくしたり
う〜んと甘やかしたり、一緒に遊ん
だり、話をじっくり聞いてあげる
ことも役割です。


   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・


このように色々な面を持つこと
「機能する」ということだと思います。


   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・


仕事でも同じです。上司・部下・同僚
にイライラしたり、仕事自体がうまく
行かない時があったりします。


しかしそのような時に周りに対して
怒ってみたり、一方的な指示を出して
コントロールしようとしても、うまく
行かないことのほうが多いと思います。
(仮にうまく行ったとしてもそれは
一時的なものでしょう。)


周りに怒ってみたり、一方的に指示を
出すことも時には必要でしょうが、
周りの不満を聞いていく、困っている
人がいたら手を貸す、皆が助かるような
改善案を出す、
なども大事なことです。


自分の不満ばかりをぶつけるのでは
なく、自分以外の不満を吸収し改善
していく。


このようにすればその人は「機能して
いる」
と言えると思います。


   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・






上記のように「機能すること」とは、
意思・情報がどちらか一方向の流れ
には決してなりません。


「機能する」とは色々な面を持ちます
ので、意思・情報が相手と相互の流れ
になります。
相互の流れとなってこそ
「機能している」と言えると思います。


コントロールの流れは「一方向の流れ」
機能する流れは「双方向の流れ」という
ことでしょう。


   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・
   ・   ・   ・


自分が「機能する」ことを目指すと、
自然と脱コントロール思考になって
いくはずです。


コントロール思考になって一方向の
志向でイライラするよりも、脱コン
トロール思考でほど良く力を抜きつつ
双方向の志向でごきげんで過ごす。
どちらが良いかは言うまでもありませんね。




posted by ごくう at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック