2016年05月08日

気になる記事:放射能汚染と糖尿病の激増〜相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか



最近ニュースで若い人(30代、40代)が
よく亡くなるな、と思うことがあります。
若いのにナゼ?何か変だな、そう感じる
方も多いのではないでしょうか。


いつの間にかあまり報道されなくなって
きていますが、あの東日本大震災の時に
起こってしまった福島原発事故からもう
5年。チェルノブイリ原発事故では5年
経過してから病気になる人が激増した
と言われています。その割に今の日本
では放射能汚染については妙に静か。

何だか変だとは思いませんか・・・?


あのような「レベル7」の原発事故が
起こり放射能が飛び散ったのは事実
それだけは忘れてはいけないと私は
思います。




---------------------------------------

この記事の狙いの1つは、著名人が立て続けに
亡くなっている原因を「心不全」の一言で
片づけてしまうマスコミ情報に注意を喚起
することです。
今回、私は縁あって、東京の
有名病院の内科医から多くのことを聴くこと
ができました。


この記事では、多くの著名人たちの「突然死」
や「不意の死」を、自分とは無関係だと思い
込んでしまうことによって、多くの人たちが
生命に影響を及ぼすような重大な病気になって
しまったときに、手遅れになってしまう危険性
について指摘したい
と思います。


それを「血糖の異常」からアプローチしたいと
いうことです。さらに、呼気や食べ物によって、
セシウムやストロンチウムなどの放射性物質や、
プルトニウムのホットパーティクルなどの
「放射能を周囲に放散し続ける」放射性の
超微粒子を体内に取り込んでしまったことに
よる糖尿病の発症について考えてみたいと
思います。(『カレイドスコープのメルマガ』)
・・・・・


引用:MONEY VOICE
http://www.mag2.com/p/money/6525
---------------------------------------


posted by ごくう at 22:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごくうさん、つらい記事だけど本当のことを書いていますよね。ただ、以前にメールしたからごくうさんもご存じだと思いますが、福島県郡山市は、私の両親の故郷ですし、私の出生地、私は実質は千葉県の出ですが、めちゃくちゃですよ。広瀬隆さんの警告がそのまま実現されてしまうでしょうね。あと、美味しんぼの雁屋哲さんをバッシングした人達はどう落とし前をつけるのですかね。
Posted by けん at 2016年05月08日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック