2016年05月07日

自分を優先させすぎる人


大人の世界でも子供の世界でも
「自分を優先させすぎる人」
というのはいるものです。


このような「自分を優先させ
すぎる人」
は自分の都合を
最優先して行動するので
「ただのワガママな人」
「空気が読めない人」

と見られがちですが、果たして
本当にそれだけでしょうか。



「自分を優先する」だけでは
済まず、「自分を優先させすぎる
という人は、おそらく確信犯なの
ではないか、と私は思います。



人と人は生きている限り、互いに
ある程度の迷惑はかけてしまって
当然と言えます。ですが「自分を
優先させすぎる人」は、たまたま
その時だけ「優先させすぎている」
というよりは、ほぼ常に「自分を
最優先」
している人が多いように
思います。



このような人たちは「自分の
考えや行動を優先させること
が大事」というよりは、
「自分が周りをコントロール
しているということが大事」

と思っているような気がします。
自分が大事というより、自分の
考えや行動によって周りが動いて
いる、周りが動いてくれる(ような
感じになる)ことこそが大事

なのです。







このような人たちは【何かを
したい】【何かを成し得たい】
のではなく、実は自分という
存在を認めてもらいたい
のかも
しれません。自分の存在を認めて
欲しいからまわりをコントロール
しようとする。そうすることで
良い気分になる。ということは
実は自分が無く、自分でも何を
したいのかよく分からない
ので、
とりあえず周りをコントロール
することで表面的な自己満足を
得ようとしているだけ、という
可能性が高いと思います。



このようなコントロール思考
はまってしまっている人はとても
かわいそうだと言えます。決して
周りからも認められず、しかも
自分が何をしたいのか自分でも
分からず・・・。これではまるで
駄々っ子のようです。あるいは
かまってちゃんと言われる
類なのかもしれません。


知らず知らずのうちに自分が
このような状態にならないように
注意したいものです。



posted by ごくう at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437630217

この記事へのトラックバック