2016年04月24日

気になる記事:「高卒採用が狙い目」に賛同の声 ← う〜ん・・・?



この記事は何とも気になります。
難しいテーマですね・・・。


--------------------------------------


日本の企業社会において、いまだに
非常に重要な意味を持つのが学歴だ。
社員を募集する際、応募条件に
「大卒以上」と記す会社は非常に
多いが、あるブロガーが
「大卒より高卒を採用すべし」
という内容のブログ記事を発表し、
これが話題となっている。


2月15日、「AS ONE LIKE」という
ブログを公開しているブロガーが、
「苦労して大卒を採用するよりも、
優秀な高卒を4年間かけて育てた方
が良いのでは。」というブログ記事
を公開した。ブロガーは、


「優秀な大卒を採用するのは有名
企業でも難しくなってきている。
それならいっそのこと、優秀な
高卒を4年間かけて育てた方が
良いのではないか?」


と、問いかけ、


「3年間、授業、勉強、クラブ、
バイトをやって鍛えられた身体の
まま社会に出てるわけで、仕事を
始めるには最高の状態」


「日本で会社員として働く上で、
大学四年間もしくは大学院含めた
六年間の学業経験が必須になる
ことなんて、余程の専門職でない
限りまずありません」



など、高卒で採用するメリットを
列挙。現在の“大卒神話”に警鐘
を鳴らしている。・・・・・


引用:R25
http://r25.jp/topic/00047666/
--------------------------------------






これは現時点で何とも難しい内容
の記事だと思いました。


私の会社には3年ほど前に高卒の
人が入ったのですが、仕事をする
上では全く困らないんですよ。

まあうちの会社の仕事内容が
それほど難しいものではないので、
そんなものなのかもしれないの
ですが。
こういう若い優秀な高卒を見ると
確かに「大卒なんていらない」
見ることも出来ると思います。






しかし何かシックリとこないのは、


「大学を出る意味というのは
会社勤めすることだけではない」



ということです。


確かに「会社員になって仕事をする」
というところだけをみれば高卒で
何ら問題無いと思うのですが、
長い人生ではそれだけでは無い
ですよね。
転職するかもしれないし、
結婚して海外に行ってしまうかも
しれない。会社が窮地に陥って
海外の会社に買収されてしまう
かもしれない(今のシャープは
その典型)、会社員を辞めて
独立するかもしれない。長い
人生ではそんなこといくらでも
有り得ることです。


しかも今の時代は以前より増して
「未来がどうなるか予測が難しい」
時代に入っています。日本では
人口が急減していき、労働力も
減る可能性がある。家だって
相当数余ってくるかもしれない。
そんな時代の中、少しでも可能性
を広げておいたほうがいい、と
いう見方もあると思います。


あと、自分の経験からすると、
大学時代のモラトリアム期間
は意外と大事
なんですね。
自分を見つめ直す時間もあるし、
遊ぶ時間も結構ある。そんな
時間を20歳前後で経験しておくと
中年以降で強いような気がします。
(人生に幅がある、というので
しょうか。)


大学に行く、というのは、確かに
「専門的知識を得る」ということ
も大事ですが、それだけではない、
貴重なものを得る時期でもあります。
ただし、この貴重な時間を大学に
行っている人全員がうまく使えて
いるかは別の話なので、一概に
良し悪しは言えませんが、ここの
貴重な時間をうまく活かせている
人は、年を取ってからもうまい
生き方をしている
ように思うのです。


ですがここでうまく時間を活かせ
ない場合は、果たして大学に行った
意味があるのかどうか、と言われ
れば、私は「無い」と思います。
そのへんがとても難しいところ
なんですね。




posted by ごくう at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック