2016年04月16日

情報に浸かり過ぎないようにする


熊本で地震が起きています。
かなり大きな地震で、しかも
大きな余震が頻発しています。
こんなに大きな余震が起きる
というのは、私は記憶があり
ません。



ちなみに私の妻の実家は熊本で、
年老いた親や親戚が熊本にいる
のでとても心配ではあるのですが、
このような状態でもテレビや
ネットをずっと見て、地震の
情報に浸かり過ぎるのは問題
だと思っています。




正直言って熊本にこれだけの
地震が来るとは私は思って
なかったのですし、妻の親も
心配ではあるのですが、そこで
いくら心配したりしても、実は
どうにかなるものでもない
のです。


ましてテレビをずっと見続け、
緊急地震速報が流れるたびに
落ち着かない気分になって、
今の自分や家族のメンタルが
疲弊してしまっても、本当に
何にもならないのです。


これは私が東日本大震災の時に
学んだことです。
熊本に親が
いるのになんて冷たいんだ!と
感じる方もいるでしょうが、
情報に浸かりまくって気分が
滅入っても、どうしようもない
ならば、そんな情報には浸から
ないほうがよほど良い
のだと
私は思っています。


現代はテレビからネットから
スマホから、情報が洪水の
ように入ってきます。


情報は大切ですが、情報に
浸かり過ぎているだけの状態
になってしまっては、何の
意味もありません。



そんな状態が続くとメンタルが
やられてしまいます。


個人的には情報はある程度
制限して、情報とは適度な
距離を取ったほうが良いのだ
と思っています。




posted by ごくう at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック