2016年04月15日

試行錯誤をすることがとても大切だ


仕事でもスポーツでも勉強
でも人生でも、
「いきなりうまくいく」
ということはほとんどない
と思います。


もしどんなことでも
「いきなりうまくいく」
ことが多いのであれば、
すごい才能を持っている
天才か、もしくは低い
レベルで事を進めて
いるのかもしれません。


「うまくいく」時は大抵
試行錯誤の末にやっと
「うまくいく」
という
ケースがほとんどだと
思います。色々な選択肢の
中から一番ベストなものを
選んだつもりでも、いざ
やってみると何かしっくり
こない、じゃあ別の方法で
やってみようか、という
ことを何度も繰り返し行って
いくことで、少しずつ洗練
されていき、それがやがて
ノウハウとなって「やっと
うまくいく」
というのが
王道なんだと思います。







ところがこのようなプロセスを
知らないのか、「うまくいか
ない人」
というのは極端な
くらい早く結論を出して、
それで失敗するパターンが
とても多いのです。
それは
一つの選択肢を進めていく
途中で「何だかうまくいかない」
という時でも、すこし待って
俯瞰したり試行錯誤したり
することもなく、いきなり
別の選択肢を選んでしまう。

その選択肢を選ぶ上で
熟考に熟考を重ね、そして
ようやく選んだ選択肢で行う、
というよりは、単純に今のが
ダメだから何となく別の
選択肢のほうがうまくいきそう
だから、という感じです。
そこに試行錯誤のプロセスは
全くありません。




このような思考には「その場を
うまくやり過ごしたい」
という
コントロール思考が根底にある
ように思います。
本来であれば「うまくやりたい」
からこそ試行錯誤するものなのに、
そこがイヤだから(コントロール
していないと気がすまないから)
あっさりと次の選択肢を安易に
選ぶ。
そしてまた失敗する。
何事につけ「うまくいかない」人は、
このようなパターンを繰り返して
しまう人がとても多いように
思います。






「試行錯誤する」という行動は、
コントロール思考の人は到底
できません。
試行錯誤自体が
コントロールとは真逆の
行動だからです。



逆に脱コントロール思考の人で
あれば、試行錯誤をすることが
簡単にできるでしょう。

そしてこのような人は、試行錯誤
の中でいくつもの選択肢を探り
ながらも、より良い選択肢を
選んでいるような気がします。
これは試行錯誤することに対して
抵抗がなく、「モノをうまく
進めるには試行錯誤することが
当たり前だ」
ということを
経験的に知っているからだと
思います。



「試行錯誤を避けてうまく
やろう」
と考えるような、
表面的なところしか見る
ことができない人にならない
ためには、面倒でも試行錯誤
をしていくことが良いのだと
思います。

そのほうが結果的に早く良い
結果を出せると思いますし、
試行錯誤の中で様々なものを
自力で見つけだすという経験が
後々「生きる力」になっていく
からです。そういった意味で
試行錯誤はとても大切なこと
だと思います。




posted by ごくう at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック