2016年04月09日

良い記事:幸せな人ほど、幸せをアピールしない



まずは引用から。


--------------------------------------
「こんにちは。

本当に幸せな人は、ことさら自分は幸せだと

自分や、外に向けて、アピールはしません。

なぜなら幸せなのが当たり前だからです。

幸せというものをことさらアピールする

というのは

幸せに執着する気持ちを表しています。

執着するのは、「ない」という宣言と同じです。

これはお金でも幸せでもなんでも同じなのです。

なぜなら執着の根底にあるのは「足りない」

という思いだからです。

いつ手に入るのかわからないという欠乏感が

あるからそれが手に入った時や、手に入りそうな

時に執着が生まれるのです。

つまり幸せをアピールする背景には、幸せでない

という状況がある
のです。・・・・・


引用:ゆるんでいく日々
http://bit.ly/25QEgZb
--------------------------------------






この記事の内容はまさにその通りです。


やたらと「楽しい」ことを求める人、
「人からの優しさ」を求める人、
「人とのつながり」を求める人など、
すべてこの類と言えます。


例えば私は普通の会社員ですが、
「会社員になりたいな〜」
とは思いません。それはすでに
会社員だからです。


また子供が2人いますが、
「子供が欲しいな〜」
とも思いません。現実に子供が
2人いて、それを当然のことと
して受け入れているからです。


だから「幸せになりたいな〜」
という人は、その時点で
「幸せではない」
ということですね。


では何故「幸せではない」ので
しょうか。そこを考えないと
いつまでも「幸せにはなれない」
でしょう。



そう考えると、フェイスブック等で
やたらと自分の行動をアピールして
くるような人というのは、


「普段はとてもさみしい人」


とも考えられます。いくらネットの
時代とはいえ、そんなに自分の生活
を晒したくない、というのが普通
なのではないでしょうか。
(記録として残しておきたいだけなら
匿名のブログでも十分なわけですし。)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸福論 (集英社文庫) [ アラン ]
価格:702円(税込、送料無料) (2017/12/15時点)



posted by ごくう at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック