2016年04月07日

良い記事:「第一印象作り」で空回る人は何がヘタなのか 久々に新人を受け入れる職場は、特にご用心




私の会社にも新人が入ってきました。
新人に対してやたらと話しかける
旧人って結構いますが、逆効果
ですよね。本人は気を使っている
つもりなのでしょうが、それが
通用するのは最初だけでしょう。
本当に大事なのは、この記事にも
あるとおり「聴くこと」なのでは
ないでしょうか。


--------------------------------


・・・・(途中省略)・・・・


「身だしなみ」「表情」の対策が
できたら、次は一歩踏み込んで
「会話」について考えてみましょう。


初対面の人に何を話したらよいのか
わからない、でも、話が途切れぬよう
何かしら話題を提供しなければ
ならない……。そんふうに思って
いる人が少なくありません。でも、
自分のPRをしなければと必死に
なるあまり、相手のことも考えず、
話し続けるのは問題です。





久々に新卒を受け入れる職場に
ありがちな「失敗」



まずは、「話す」より「聴く」
軸足を置くようにしてみましょう。
割合としては、話すが3で、聴くが
7
くらいの感覚。話題が途切れる
ようであれば、あなたが相手に
質問をして、答えてもらいましょう。
その時は、質問をしっぱなしにせず、
返ってきた答えをきちんと受け
止めて呼応していくことにより、
話は促進されます。


話題を提供することに必死にならず
とも、きちんと耳を傾けることに
よって、会話は発展し、信頼感を
得ることができる
のです。


もうひとつ、ぜひとも注意して
いただきたいのが「ボディタッチ」
です。業績低迷のあおりでしばらく
新卒採用を休止していたものの、
昨年ついに再開され、今年久々に
新人が入社してきた、という会社は
たくさんあるはずです。歳の近い
社員がおらず、みんなで対応に
四苦八苦している、という話を、
最近よく耳にします。


そんな会社でありがちな、
「頑張れよ」「よろしくね」
などと声かけながら、肩をポンと
たたく行為。
一昔前ならコミュ
ニケーションとして当たり前
だったかもしれませんが、今は
まったく通用しません。・・・・・


引用:東洋経済オンライン
http://bit.ly/23eGuTs
--------------------------------



posted by ごくう at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック