2016年02月17日

とても良い記事:現場を任せられる部下をいかに育てるか



大きくなった会社、小さいままの会社、
違いはどこにあると思いますか?


一概に大きい会社が良いとは言えない
でしょうが、それでも大きくなった
会社にはそれなりの理由があります。
その逆にいつまでも小さな会社にも
それなりに理由があります。



私は大きな会社も小さな会社も経験
しているのですが、この理由を知る
ことは社会人として、とても大事だ
と思います。この理由を知っておく
と、会社の規模を問わずとても仕事が
やりやすくなりますから。



それにしてもこの記事に出てくる、


「三軍の事を知らずして、三軍の政を
同じうすれば、則ち軍士惑う」



という言葉はまさにその通りですね。


またネットで検索すると同じような
言葉で


「三軍の権を知らずして、三軍の任を
同じくすれば、則ち軍士疑う」



も出てきましたが、これもその通り。
久しぶりに「兵法」を読みたくなって
きました。






--------------------------------------


どんな大企業も、創業は小さな組織から
スタートしています。しかし、小さな
企業がその後、必ずしも大きく成長する
とは限りません。


──大きく成長できる企業と、それが
できない企業の違いは、いったいどこに
あるのでしょうか。


様々な要因が挙げられますが、その一つに
「トップの器」があります。どんな組織も
トップの器以上には大きくなれません。
「器」にもいろいろな意味合いがあり
ますが、「部下を育てられるか」「部下に
権限を委譲できるか」
といったことが
大きな要素になります。


切れ者の創業者が往々にして陥りやすい
のが、いつまで経っても現場に口出しして
しまうこと。これでは部下の士気も
上がらず、やる気をそいでしまいます。






さらにこのケースでありがちなのが、
指揮系統の乱れ。トップから現場まで
直に命令がいくのも善しあしです。
ケースバイケースですが、いちばん
避けなければならないのは、

トップ → 中間管理職 → 現場
という指揮系統があるにもかかわらず、
トップから現場に直接指示が届く事態。

中間管理職を飛ばして現場のやり方を
変えるため、かえって現場が混乱して
しまうことが往々にしてあるのです。
・・・・・

引用:小さな組織の未来学
http://nkbp.jp/1TnH5Lm
--------------------------------------


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まんがで身につく孫子の兵法 (Business ComicSeries) [ 長尾一洋 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/12/17時点)



posted by ごくう at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック