2016年01月01日

気になる記事:「子どもを産むのがブルジョア」な日本はもう“瀬戸際”『下流老人』作者が語る




2016年になりました。
当ブログをお読みいただいている方、
私のようなブログを読んでいただき
ありがとうございます。もしよろし
けらば本年もどうぞよろしくお願い
いたします。


さて新年早々ですが、今後の日本を
考える上でとても気になる記事を
ご紹介します。


では引用から・・・。


-----------------------------------


・・・・・・・


藤田:まず人口の減少によって、今の
社会が維持できなくなるし、究極は
お互いが尊重できない社会が来ると
危惧しています。
貧困問題も「明日は
わが身」というところから提起して
いますが、「中流」がいなくなる
現象が急速に進むと思います。


実際に僕は、結婚したときに周りから
「(結婚できるなんて)いい身分だね」
と言われましたし、子どもが生まれた
ときには「(子どもにかかるお金を
考えると)ブルジョアじゃないと
産めないよね」
と言われた。子どもを
産むのがブルジョアなんですよ! 

結婚、出産という、人間のあるべき
普通の暮らしがブルジョア
なんです。
これは末期的ですよ。


五木:このままだと、格差が永久に
固定化
してしまう。教育や医療の
格差もますます広がっています。


藤田:五木さんの世代の「努力で
何とかなる」という時代と、私たち
の世代のそれは根本的に違います。
私たちは、出身家庭で将来が大体
決まってしまう。東大の入学者なんか
見ても、出身世帯の年収が如実に
表れますよね。年収1千万円以上
じゃないと行けないといわれて
います。


今、住宅とか教育とか、人間が生きて
いくうえで最低限必要なものが全て
「商品」にされている。
私は、
「脱商品化」をキーワードにして
訴えています。


五木:本当にそうですね。一番大きい
のは、医療が商品になっている。ただ
でさえ病院にかかれない人が出てきて
いるのに、これ以上ハードルが上がると
国民の生命が脅かされかねない。
・・・・・・


引用:dot
http://bit.ly/1P4yveV
-----------------------------------






この記事のタイトルにもある通り、
「結婚して子供を産むのはブルジョア」
という発想はもう国の末期である、と
言ってもいい。しかしこのようにまだ
「ブルジョア」だとへりくだって(?)
既婚者や子育てする人に言えるうちは
まだいいのかもしれない。私が一番
問題だと思うのは、


「仕事と結婚(子育て)のどちらを
取るか。結婚(子育て)しない人生が
あってもいい。」


「結婚はコスパが悪い。結婚するくらい
なら未婚のほうがいい。」


とするひねくれた考え方である。
この「ひねくれた」というのは、
「自然の営みからして不自然なことを
あたかも自然と捉えていること」

ある。結婚という制度はとりあえず
ここでは置いておいて、「子育てする」
ということは生き物としてごくごく
自然なことだ。
身体的に子供が作れない
場合は仕方がない(ちなみに私は過去に
大病をしておりもう子供は作れない)。
が、身体的に問題が無く、極度の貧困
でもなく、それでいて人生で「子育て」
の経験が無くこの世を去るのは、やはり
自然の営みからすると「ひねくれている」
と私は思う。


このような「ひねくれている人」と、
本当にお金が厳しく結婚なんてとんでも
ないと思っている「ひねくれてはいない
けど子育てまでにはかなりハードル
が高い人」が多くなってきた国なんぞに
未来があるとは思えない。人口が単純に
多ければ多いほどいい、というものではない
だろうが、それでも絶対数は大事だ。
中国の一人っ子政策でもないのに、
国民が自ら結婚や子育てを避けた
生き方のほうが無難だ、と思って
しまう日本はまさに”瀬戸際”だ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書) [ 藤田孝典 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)


posted by ごくう at 17:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は ごくうさん 本年もよろしくお願いいたします。 最近 私がやったことは ゴールドファンドの買い増し 金貨の買い増し セゾン投信の買い増し ドル現金の買い増し です なぜかは ごくうさんは 察しがついていると思います あと ごくうさんに うなってもらえるコメントを変えるようになりたいです
自惚れですが 社会に対する見方が似ていると感じました
Posted by けん at 2016年01月01日 18:38
けんさん、こんにちは。

私の投資の方向もけんさんと近いです。

・ゴールドファンドへの投資
・海外モノの投資信託への投資
 (新興国は下がっているので少し多めに。)

という感じです。

日本が危ない、財政危機が近い、と考えるからこそ
このような投資スタイルになるのでしょうね。
Posted by ごくう at 2016年01月04日 10:24
Fuschia. Everything feels nice.
Posted by Samuel at 2017年07月22日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック