2015年12月24日

気になる記事:日本人の「心の健康寿命」 なぜ50歳で止まるのか?



日本人の平均寿命は世界から見ても
長いことは有名だが、健康寿命はと
言えば果たしてどうか。この健康寿命
を少しでも伸ばそうということで
メタボ対策だけではなくロコモ対策
なんかが最近よく言われるようになった。

しかし私はこの記事を見て「心の健康
寿命」という概念があることに驚いた
のだが、よ〜く考えてみればこの概念
が今まで無かったことのほうが逆に
不思議だったかも?
とさえ思うように
なった。

この記事によると、なんと「50歳」で
心の健康寿命は止まるということだが、
これはかなり当たっているのではないか
と思う。個人的には仕事は「50歳定年制」
くらいでちょうどいいと思っているし、
それが自分の理想なのだが(実際には
まずかなわないだろうが)、今の世の中
を見れば「65歳」「70歳」「生涯現役」
で働くのがいい、なんていう風潮だ。
日本ってなんでこんなに働くことが
美徳とされるのか、私には理解できない。

最近ますますその傾向が強くなってきて
いると思うが、何か変じゃないか?と
私は思う。

---------------------------------------

日本人の平均寿命は男性80.50歳、
女性86.83歳だ。世界と比べても
男性は香港、アイスランドに続く3位、
女性は堂々の1位だ。

しかし、長く生きても病気で寝たきり
だったり、常に耳鳴りがしているような
状態では長寿が逆にアダとなる。一方、
アメリカでは1957年から「健康寿命」
(障害のない期間)の統計を取っており、
長生き年齢より重視する傾向がある。
遅まきながらWHO(世界保健機関)も
00年から「健康寿命」を言い始めている。

厚労省によると、日本人の健康寿命
(10年)は男性70.42歳、女性
73.62歳。つまり、男性は65歳定年
から5.4年後には、体のどこかにガタが
きて、そこから10年ほどは病院通いに
なったり、介護者に支えられながら生きて
いくことになる。

だから国は健康年齢を上げようと禁煙や
メタボ検診などを促しているのだが、
この健康寿命という概念も今では古い。
体の健康もいいが、日本人に必要なのは、
友人と語らったり、地域社会の行事に
積極的に参加したりする「心の健康寿命」
の方なのだ。・・・・・・

引用:日刊ゲンダイDIGITAL
http://bit.ly/1PkhyQh
---------------------------------------



私は以前、スーパーで働いていたこと
があるのだが、50歳以上と思われる人
(特に男性)からの理不尽なクレーム
はとても多いな、と感じたことがあった。
もうこれは20年近く前のことなのだが、
最近でもよく50歳以上(男性)の妙な
ケンカ腰のクレームを見かける。
記事にもある通り、これも「心の老化」
の一つなのだろう。
このような光景を見るたびいつも思うのだ、
「可哀想だな。他に楽しみ無いのかよ」と。


昔から思っているのだが、このような人達は
「お客様意識」とても強いのではないか、と
いうこと。あ、「上から目線意識」かな。
私には飲食店やコンビニの店員にクレームを
つける心理が理解できない。ミスなんか誰でも
起こすものだし、ただ働いているだけなんだから
どうでもいいだろう。失礼な言い方かもしれないが、
そもそも時給1000円かそこらの人にプロ意識
なんてものは求めていない。
イヤなら別のところで
買い物をすればいいだけの話だ。だからそんな
ことにいちいち怒る暇があったら、自分の趣味
やら家族との団欒を楽しんだほうがいいに
決まってる。そのほうがよっぽど人生楽しいから。


上記でも書いたが、私は早くリタイアすること
こそが理想なのだが、これとは逆の雰囲気が
現在の日本だ。
老後になっても仕事をする
ことが素晴らしい的な雰囲気
で、しかもその
働く意義が他者のためではなく「自分のため」。
周りから必要とされるのではなく「自分のため」。
そこまで労働に特化していたら、そりゃ心の
弾力性だって無くなってくるだろうと思う。

(仕事が心底ライフワークだ、と言える人は
別の話だろう。こういう人は幾つになっても
心に弾力性があって若々しい。でもこのような
人は実際は超少数派。)それで「心の健康寿命」
を縮めているような気がするが、いかがだろうか。

健康寿命の延ばし方 [ 大渕修一 ]

健康寿命の延ばし方 [ 大渕修一 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

タグ:健康寿命 WHO
posted by ごくう at 00:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごくうさん すみません 1億総活躍 なんか囃し立てている いまの内閣は 余計なお世話でしかないよ いちいち 指図されたくない 私は 家畜ではないので 私自身は 世の中に長く貢献したいと考えていますけど公権力が介入する問題じゃないし 無粋ですよ
Posted by けん at 2015年12月24日 03:55
けんさん、こんばんは。

おっしゃるとおり「1億総活躍」とは余計な
お世話でしかないと私も思います。しかも
その「1億総活躍」の内容がいまひとつ
よく分かりません。「女性の社会進出」と
「少子化対策」って女性の方により負担が
かかっているような・・・?そんな器用な人って
いったいどれだけいるのでしょうか?

Posted by ごくう at 2015年12月26日 22:20
上記のつづき。

「1億総活躍」とは結局のところ

「年をとっても働け」「女性も働け」
「子供もしっかり産め」

と言われているような気がします。
能力や才能によって働き世に貢献せよと
言われてるとは到底思えない。

私のようなひねくれ者は、こんなこと
言われると

「少しでも早くリタイアしたい」

と以前にも増して思ってしまいます・・・。
Posted by ごくう at 2015年12月26日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック