2015年12月20日

情報:「2つのインフレ」 賃金インフレとコモディティ・インフレについて


先日アメリカの利上げが決まった。
今後ドルや株価、商品どうなっていくのか、
投資をやっている人には気になるところ
だし、またある程度想像もしやすい。

だがこの想像が「自分の思っていたのとは
違う」ということが起こるのもまた投資の
世界だ。例えば新興国の株価指数などは
まだまだ下がっていくような想像もできるが、
下記の記事のようにむしろこれから
上がっていく、という見方もある。
どちらを取るかは投資家次第だが、
どちらの見方も知っておくことは決して
損はないだろう。
そんなことがよく分かる
記事なのでここに紹介させていただく。



---------------------------------------

普通、賃金インフレは、インフレの最終局面で
訪れる……そういう風に大学の経済学の講義
では教わります。

ところが現在のアメリカを見ると、賃金インフレ
はすでに到来しているけれど、ガソリンをはじめ
コモディティの値段は下がっています。

つまりインフレを論じる際、「2つのインフレ」
に分けて考えないといけないということです。

FRBにとって、より警戒すべきは、賃金インフレ
です。

昔、僕が駆け出しの証券マンだった頃、元NY
連銀総裁、トニー・ソロモン(当時僕が勤めて
いた投資銀行の副会長でした)の、月例
お食事会の世話役をやらされたことがありました。

これは毎月、米国の機関投資家のバイサイドの
エコノミストに声をかけて、トニーを囲んで
無礼講みたいなカタチで放談するという企画で、
FOMCのディシジョン・メーキングの過程や、
メンバー個々人のキャラなどについて、
言いたい放題言うという、とっても勉強になる
お食事会でした。

そこでトニーが言っていたことのひとつに
「FRBは賃金インフレを厳粛に受け止める」
ということがあります。・・・・・

(省略)

利上げをする本来の、そして唯一の狙い
「好景気を、なるべく長持ちさせる」という
点にあります。じゃぶじゃぶの状態を長く
続けるとインフレになるリスクが増すわけです。

逆の言い方をすれば、利上げを断行したと
いうことは、景気が後退するリスクより、
インフレが手に負えなくなるリスクの方が、
もっと心配だとFRBが判断したことに
他ならないのです。
・・・・・

引用:Market Hack
http://bit.ly/1Ih7MPv
---------------------------------------





なぜアメリカは利上げをしたのか。
景気が良くなってきたから、という点が
クローズアップされるが、一番はこの
記事の後半にある、

---------------(引用)-------------------
利上げをする本来の、そして唯一の狙いは
「好景気を、なるべく長持ちさせる」と
いう点にあります。じゃぶじゃぶの状態を
長く続けるとインフレになるリスクが
増すわけです。

逆の言い方をすれば、利上げを断行したと
いうことは、景気が後退するリスクより、
インフレが手に負えなくなるリスクの方が、
もっと心配だとFRBが判断したことに他
ならないのです。
---------------(引用)-------------------


ここに集約されていると思う。
お金をばら撒きすぎたから、そろそろ
インフレが怖い。
そういうことだ。
だから過去の歴史を見れば、利上げした
後は原油やゴールドが上がる。そして
ドル安になっている。

普通に考えると利上げすればドル高に
なるような感じがするが、国家としては
たとえ景気が今より多少悪くなろうとも
インフレを未然に防ぐほうが適切、という
流れを作ったほうが結果として好景気が
続く、と考えているということ。

このへんが実にややこしいところなのだが、
もし実際にこのようになるのであれば来年は

・ドル安、ゴールド高
・(ドル安で)新興国へお金が流れる


という動きになる可能性があるわけだ。
利上げするのだからついつい、

・ドル高、ゴールド安(←金は利息を生まないから)
・アメリカ株高


という動きになると思ってしまうけども。
このへんが実にややこしい。
(この流れは利上げ前にすでに織込み済に
なっている、いうのがパターンな気もする。)
投資には「まさか!」があるので、どうなるかは
実際にはなってみないとわからないのだが・・・。


ということで、個人的に来年は(もちろん
日本の将来も見据えて)、

・ゴールド投資増(SPDRゴールドシェアなど)
・新興国株式、新興国REITへの投資継続
・先進国株式への投資継続(やや減)


という感じでいこうかなと思っている。
金はほぼ底値だし、新興国株式はもうだいぶ
下がっているし、もうこの2つはそろそろ
上がってくるだろう、という読みで。

posted by ごくう at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック