2015年12月19日

気になる記事:貧困寸前!急増する「女性の生活苦」知られざる実態



娘が2人いる父親としてはかなり
気になる記事です・・・。


----------------------------------------


「女性の貧困」というフレーズをよく聞く
ようになった。今の日本において、貧困に
苦しむのは女性だけではないが、賃金格差や
非正規雇用者の数、ひとり親になったときの
貧困率などを見ると、若い女性が置かれて
いる状況は確かに厳しいと感じる。そして、
今貧困を感じていない女性でも、いつ貧困に
陥るかわからないという恐さを感じている。
20〜30代女性の生の声を通じて、彼女たちの
生活苦の実態に迫る。
(取材・文/蒲田和歌 編集協力/プレスラボ)



日本はもはや豊かな国ではない?
女性たちが喘ぐ「生活苦」の実態



「最貧困女子」「失職女子」
「高学歴女子の貧困」――。
数年前から書店では「女子」と「貧困」を
組み合わせたフレーズをよく見かけるように
なった。とはいえもちろん、貧困は女子に
だけ襲いかかっている現象ではない。今年の
流行語大賞にノミネートされた「下流老人」
「子どもの貧困」など、今や日本列島はどの
年代、性別を見ても「貧困」から切り離せ
ない状況となっている。



それでもまだ「貧困」と何らかのフレーズを
組み合わせた言葉にインパクトがあるのは、
「日本が豊かな国だ」というイメージを多くの
人が持っているからかもしれない。
しかし、
貧困は我々の私生活に確実に忍び寄っている。


色々な指標を見ると、そうした現状が見て
取れる。たとえば、日本は子どもの6人に1人が
貧困
と言われ、OECDの発表によれば子どもの
相対的貧困率はOECD加盟国34ヵ国中10番目に高い。
また、ひとり親世帯の子どもの相対的貧困率は
OECD加盟国中最も高い。
ひとり親家庭の貧困率は
50%を超える。そして、日本の平均世帯所得は
1994年の664.2万円をピークに下がり続けており、
2013年は528.9万円となっている。


なかでも前述したように、若年層を中心とする
女性の貧困は深刻だ。昨年1月にNHKで放送された
「深刻化する“若年女性”の貧困」では、働く
世代の単身女性のうち3分の1が年収114万円未満
報じられた。非正規職にしかつけず、仕事をかけ
持ちしても充分な収入が得られないという状況だ。


しかし、我々にしてみると、周囲の女性たちから
生活に関する深刻な苦労話を直接聞く機会は滅多
にない。
自分の生活苦を他人に相談することに
対して「恥ずかしい」「プライドが許さない」
と感じる女性が多いためだろう。こうした状況
では、周囲が彼女たちの声にならないSOSに
気づいて力になってあげることや、社会が
抜本的な対策を講じることは難しい。
・・・・・・


引用:ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/83467
----------------------------------------






この記事にもあるが「日本はもはや豊かな
国ではない」
というのが一番しっくりくる
ワードだと私は思う。高卒でも大卒でも
社会に出て正社員になれればよいが、今の
日本では非正規社員の割合が40%を超えて
いる。会社は正社員を雇いたがらないのだ。
そんな状況で雇用が不安定な非正規社員に
なり、少ない収入で生きていかないといけ
ない道を選択せざるをえないのは、やはり
「若い女性」(若い男性も)になりがち
なのがこの国の現実だと思う。


その一方で中年以上の男性、いわゆる
オジサンを見ると、何をしているのか
分からないようなフリーライダーと
言われる人がどの職場にも必ずいると
思われる。
年齢が上というだけで、
勤続年数が長いというだけで、高い給料を
もらい、実質的に若い人の雇用を
奪っている。
もちろんそうでない
中高年もいるが、フリーライダーのような
存在は若い人のモチベーションをかなり
下げてしまっているのが現実だろう。
もちろんフリーライダーを生み出している
背景には会社側にも責任がある場合がある
ので(会社が中堅層・幹部層をキチンと
育成してこなかったというケース)少しは
同情の余地はあるが。


が、しかしだ。


そんなフリーライダー中年よりも若い女性
をキチンと正社員採用していったほうが
どれだけ日本の貢献になるかと思う。
そのためにはこの国から年功序列・終身雇用
が完全に無くすしかないのだろう。
現実的には今の日本では正社員の解雇は
簡単にはできないので難しいだろうが。
また、間違った儒教的な思想が日本の
すみずみまで根付いてしまっているから、
それも無くさないといけないだろう。


そうしないとこの国ではいつまでたっても
若い女性は(若い男性も)損し続けること
になる。これではあまりに不平等だし、
かわいそうではないかと私は思う。






posted by ごくう at 19:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごくうさん 私もパラサイト社員ですよ 情けないけど 実は 私は 潰瘍性大腸炎にかかって さらに潰瘍性大腸炎が 原因の直腸癌になり手術で大腸をすべて取り去りました おまけに父親は 特養 妹は 精神科受診中です 母は 一年1ヶ月前に 亡くなりました 古希になる少し前に 晩年は要介護5でした 私は 会社に居続けなければならない
Posted by けん at 2016年01月01日 19:11
けんさん、こんにちは。

ご自身のことをパラサイト社員とおっしゃってますが、
本当のパラサイト社員は自分でパラサイトととは
言わないと私は思いますよ。本当のパラサイトの人は
「公私共に後進のことは考えない」と経験上感じています。
けんさんのコメントを拝見する限り、後進のことを
かなり考えておられるように感じますので。

またけんさんとご家族の方、どうぞお体を大事に
されてください。
Posted by ごくう at 2016年01月04日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック