2015年12月09日

良い記事:「怖れのリーダー」から「機能するリーダー」になろう



まずは記事から。


---------------------------------------


人を従わせるのがよいリーダー?


「リーダーシップを発揮する」という
ことは、往々にして、そのリーダーが
目指す方向に強引であっても従わせる、
ということと誤解されがち
です。


たしかに、非常時には、そういう姿勢
が必要となる場合もあるでしょう。


しかし、普段からそういうことが
常態化してしまうと、「指示されて
いないからやらない」と、部下を
無力化・消極化してしまい、本来
部下が持っている能力が発揮できず
に損ねてしまう、ということにも
なりかねません。

言われたことしかやらない部下を
つくってしまう危険があります。


「怖れ」にとらわれているリーダーは、
守りに入りがちです。



「怖れ」にとらわれているというのは、
どういうことかと言うと、「もしも
○○したらどうしよう」というような
無力で不安な強迫観念に振り回されて
いる、ということです。


例えば、「人に任せて、うまくいかな
かったらどうしよう」という思いに
振り回されると、やたらと仕事を
抱え込んで過労となったり、人に
干渉して自分のやり方でやらせよう
としたりすることになります。


それでは、部下は自分の力を十分に
発揮することができませんし、仕事
を任せた意味もありません。


「怖れ」にとらわれているリーダー
におなじみのマイナスの感情は、
いらだち、焦り、不安、孤独感、
無力感、猜疑心、警戒心
などと
いったところでしょう。


それら自体がストレスフルですし、
リーダーとしても機能しないので
あれば、そのような「怖れ」にとら
われるメリットは何もありません。


「怖れ」を手放せば、もっとうまくいく


「怖れ」にとらわれているリーダーを、
私は「怖れのリーダー」と呼んでいます。


それに対して、この対極の存在を、私は
「機能するリーダー」と呼んでいます。
「機能するリーダー」とは、前回も
述べたように「部下に効果的に働いて
もらえる」
リーダーのことです。


マイナスの感情にとらわれ振り回さ
れるのが「怖れのリーダー」であり、
自らのマイナス感情を「怖れ」として
認めて、原点に立ち戻ることができる
のが「機能するリーダー」です。
・・・・・


(途中省略)


リーダーの役割はファシリテーター


実は、リーダーになる人というのは、
そのグループの中で決して「最も優秀
な人」でなくてもよいのです。


また、優秀な人が、皆リーダーにふさ
わしいわけでもありません。ずっと
リーダーにならずに現場にいた方が、
輝いた存在でいられる人もいます。


どちらが優れているという話ではなく、
それぞれの個性の違いだと考えましょう。


リーダーの本質的な役割というのは、
ファシリテーター(促進役)です。

・・・・・・


引用:ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/82671
---------------------------------------






私はこの記事に全面的に賛成だ。
リーダーとはファシリテーターの
役目をする。それを忘れて、
「自分が自分が」という人は多い。
それがリーダーシップだと勘違い
しているのだ。


また記事の中に出てくる「怖れの
リーダー」もよくいるタイプ(笑)。
結局部下を信用していないから、
部下からも信用されず、深いミゾが
できていって結果的に仕事のパフォー
マンスが悪くなっていく。
そして「怖れのリーダー」はどんどん
とイライラが増していき、部下に八つ
当たりしたり「部下の能力が低い」
などと言って自分を正当化してしまう。






こうなると最悪だ。
組織内にメンタル不調者が出る
ところなどは、このようなダメ
リーダーが偉ぶって君臨して
いないか。



そのくせそのリーダーはまったく
自分を振り返らず、問題点を問題点
として捉えられない。そんな組織は
世の中に腐るほどある。そのような
リーダーはとっとと退場してもらい
たいのだが、現実的にはなかなか
そうはいかないものなので、もし
そのようなリーダーに遭遇したら
自衛するしかないのかもしれない。
そのためには自分が「機能する
リーダー」になり、「怖れの
リーダー」を駆逐するのが一番
早いのだと思う。





posted by ごくう at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック