2015年11月29日

良い記事:「アフター5は、仕事がらみの付き合いは断れ!」という社長の一言




仕事がらみの付き合いで大事なのは
社外か、社内か。とかくサラリーマンは
どちらかに偏りがちになる習性がある
ように思います。社内ベッタリもダメだし、
社外にばかり目を向けすぎてもダメ
なのか
もしれません。


しかし仕事がらみの付き合いは社内・社外
問わずアフター5はやめたほうがよい、

いうこの記事の社長の意見に私は賛成です。
会社員として、というより「人間として」
視野や度量を大きくするためにも、仕事から
離れた時間を持ったほうが良いと思います。


---------------------------------------


・・・・・・・


仕事でつながりのない対人関係は、
仕事で役立つ情報の宝庫



ビジネスの成否は相手先との人間関係が
大きく影響することがあります。
そのため今日でも、大半の会社では接待
という「おもてなし」が欠かせません。
取引先の担当者と酒の席やゴルフなどを
通じて親しくなることで、情報交換など
意思疎通がスムーズに図れるというわけ
です。結果的に仕事もやりやすくなり、
ビジネスにもプラスになると考える人は
少なくないでしょう。同じ手法が、社内
の人間関係の構築にも使われています。

仕事を終えた後での上司や同僚との
飲み会や、社員旅行などがそれです。


しかし、ここで紹介する社長さんは、
接待や社内の親睦など無駄だと言う
のです。



「アフター5は仕事がらみの付き合いは断れ! 
その時間は外部の人間と付き合え」



この社長も接待そのものは否定しません。
ただ、取引先とツーカーになり過ぎると
かえって情報が偏り、結果的に会社に
とってはマイナスだと言うのです。
また、相手の情報が正しいかどうか、
親しくなり過ぎるとビジネスマンと
しての冷徹冷静な目でチェックでき
なくなることもあると言います。
チェックがおろそかで誤情報である
ことを見逃したら、会社は損失を
被るかもしれません。どんな親密先
でも、担当者同士は一定の距離を
保って付き合う必要があると言うの
です。このことは社内の人間関係も
同じで、会社への不満やグチのハケ口
になるような付き合いなら、弊害の方
が多いと教えてくれました。



彼が言うには、情報収集は多元的・
多面的に行うべきで、仕事とは
無関係な組織や人と交流する方が
より多くの情報と接することが
できるそうです。また社員自身の
視野も広がるので、結果的に身内
だけでつるんでいては気づかない
重要な情報を入手してくることが
少なくないのだとも言いました。

たとえSNSだけのつながりでも、
外部の人間関係は仕事に役立つ
情報やビジネスチャンスが埋もれた
「宝の山」だそうです。


・・・・・・・


引用:小さな組織の未来学
http://nkbp.jp/1NggDfZ
---------------------------------------






いままで(というか現在も)日本の
会社は仕事もアフター5も社内の人
とつるんで交流する=コミュニケー
ション力がある、という感じでした。
そのようにすることが組織として
「一つになること」と思っていたの
です。


しかし「一つになって」意味がある
のはある時期だけで、いつも「一つに
なっている」必要はないでしょう。
むしろ現代はバラバラなものをうまく
自然にまとめていく(まとまっていく)、
ゆるやかな感じがいいのではない
でしょうか?
そこに飲み会や社員旅行
は果たしてどこまで必要がある
のでしょうか?




posted by ごくう at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック