2015年10月12日

こころが疲れてきたサインは身体がちゃんと出している



私の会社にはいま休職者がいる。


休職者の人には申し訳ないが、
その分の負担を請け負っている
のは「残された従業員」がやって
いるから会社は回っている。
それが現実だ。


このような休職した人が出た
場合は、だいたい3週間程度
すれば職場は落ち着いてくる
という。


私の職場の場合まだ休職者が
出てから3週間経っていない
ので、まだ少しバタバタして
いる雰囲気ではあるが、もと
もと4人しかいないチームの
うちの1名の休職なので、
単純に25%の労働力が減少
なのだ。一応そこに補充が
あったものの、補充者がまだ
慣れていないのもあって、
今しばらくは大きな負担が
チームにのしかかるだろう。


こんな状態だから私一人の
仕事量もグッと増している。
こうなるとどうしても
「身体の疲労」と同時に
「こころの疲労」も増えて
くる。







私はこころの疲労が増えてくると、
まず睡眠に症状が出てくる。
いきなり「眠れない」とはならな
いが、最初は悪夢を良く見るよう
になる。
この悪夢の内容はたいてい
同じが多く、しかも妙にリアル
なのだ。


ちなみに私の悪夢は大学受験に
失敗し2浪する夢
だ。
現実には1浪して希望の大学に
受かったのだが、もっと上の
大学を目指したいと思い、もう
1浪するのだが、全然勉強
しなくなってしまい、結局1浪
して受かった希望の大学にすら
受からなくなってしまう。
ああ、勉強しなくちゃ、勉強
しなくちゃ、と思うが全然勉強
に身が入らない・・・・。

そんな悪夢である。
(実際の私は1浪して希望の大学
に入り、別にそれについて不満も
何も抱いていないのだが・・・。)



この悪夢は数日続く。こういう時
はたいていこころが疲れてきて
いる時である。おそらく仕事
(会社)に対して過剰適応して
いる時だと思う。何かしなくては、
と思って過剰適応前後の神経過敏
状態もあるのだと思う。

そんな感じで過剰適応と神経過敏
を繰り返していたら、それこそ
悪夢から不眠になり、そして
うつ病になっていってしまう
だろう。


だからまずは悪夢でストップ
しておけるように過剰適応
しないように仕事に対して、
もう少し「いい加減」になる
ことだろう。







「いい加減」というと聞こえは
悪いかもしれないが、「良い
加減」を目指す、ということだ。
そのためにはモチベーション
なんぞに左右されずに目の前の
仕事だけに集中してやっていけ
ばいいのだろう。あれこれ
考えても疲れるだけである。



そして「モチベーションが
下がった、上がった」などは
どうでもよい。
こういう時はただただ淡々と
やっていけば、おのずと道は
開けていくだろう。



こころが疲れている時は栄養
ドリンクもいらないし、おい
しいものも食べなくていい
ような気がする。
まずは目の前のことだけを
淡々と。それで十分。

そして小難しい本など読まず
に早く眠ること。趣味のゲーム
でもやってのんびりすること。
家でも余計なことをしないこと。
会社ごときでうつ病になって
しまっては人生大損である。



▼参考記事
・脳が疲れる理由
http://www.drmaltz.jp/?p=18354


・うつの前兆? ストレス解消?
解明されつつある「悪夢の効果」研究最新事情

http://bit.ly/1Lfv6ss





posted by ごくう at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック