2015年09月09日

マイナンバーと預金封鎖


最近ブログのアクセスを見ていると、
「マイナンバー」と「預金封鎖」と
いうキーワードで私のブログに来て
いる方がちらほらいる。マイナンバー
は10月から個人宛に発送が始まるし、
会社でもアナウンスが始まりつつ
あるから、関心が高まってきている
のだろう。


そのマイナンバーの関心の高まりと
同時に、どうしてもこの制度に不安
がつきまとう。なんでそこまで把握
されないといけないのか?
という
ところがいくつもあるからだ。


例えば個人で持つ銀行や証券会社と
マイナンバーを近い将来に必須とする
ことがすでに明言されている。私が
調べたところだと2018年末までに
金融機関にマイナンバーの提出を
しないといけないようだ。


でもなんで???


要は国民の個人金融資産を正確に
把握して、しっかりと税金等を取り
ましょう、ということだね。
たくさん持っている人からは、
それなりにたくさん払ってもらう。
そうしていかないと国が成り立たない。
そうした国にしたのは一体誰なのか
と問いたいが、もうこうなって
しまったからには時すでに遅し
例えば金融資産1000万円以上持って
いる人には保険の負担を4割に、と
いうことも簡単にできるわけだ。
これは恐ろしい。





不吉なようだが国はやはり預金封鎖
のようなことを考えている、と思って
損はなさそうだ。増税すると政権の
支持率が急落するから、増税では
なくインフレで実質的に負債を減らす
狙いか(インフレ税)、もしくは
インフレ時に株や投資信託で大儲け
した輩からガッポリ税金を取るか、
そのようなことを考えている可能性
が多いにある。そうでもなければ
マイナンバーと個人と金融機関とを
結びつける必要が無かろう。

こうなってくるとやはり金融資産は
ある程度を実物資産で持つ必要が
ありそうだ。金やプラチナやアンティーク
コインは持っていて損はないのかも。

posted by ごくう at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック