2015年09月06日

良い記事:「本物の幸福感」は自分で作り出せる:研究結果



まずは記事から。

--------------------------------------
本当の幸福とは何でしょう? 
頭の中で「幸福感」をつくったとして、
それは真の幸福なのでしょうか?
社会心理学者のダン・ギルバート氏に
よると、幸福には2つの種類があるそうです。
1つは望むものを手に入れた時に味わう
幸福感、そしてもう1つは、望むものを
手に入れられなかった時に、私たちが
頭の中で作り出す人為的な幸福感です。

ここで1つ、クイズを出しましょう。
この2種類のうち、どちらが幸福度は
上だと思いますか?
答えはこの記事の最後に。
・・・・・・・・・・・・・・

引用:ライフハッカー
http://bit.ly/1JYrt8L
--------------------------------------





この記事を読んでもらうとわかると思うが、
幸福とは自分で幸福と思うかどうかだ。
自分の(まわりの)環境(お金持ちに
なった、恋人ができた、ルックスが良い、
学歴が高い、話がうまい、など)によって
幸福かどうか決まると思いがちだが、
人間は自分が幸福だと思っているから
幸福になるのだと思う。
これは以前の
ブログの記事にも書いた。↓

(参考)
スピリチュアルが嫌いな人にもオススメの本
「あの世に聞いた、この世の仕組み」

http://bit.ly/1IRD09b



不幸そうな人は、目の前にどんなに幸せが
転がっていようとも、その幸せを(意識的か
無意識か分からないが)見ようとはしない。

例えば、今とても空腹で目の前に美味しい
食べ物があったとしても「もっと美味しい
ものはないか」「嫌いじゃないけど好きでも
ないから食べたくない」「盛り付けがイヤ
だから食べない」などという思考になる。
空腹で目の前に食べ物があるのだから
素直に食べれば良いのに、あれこれと
不満を言っては食べようとしない。
そして「自分は不幸だ」と言う。


そんな感じで万事を捉えてしまうから、
何があってもたいていのことは「幸福
ではない」と思ってしまう。そうして
いくと不思議と不幸なことばかりが
起こるようになる。
不幸そうなところに
不幸が寄って来る、かのように。そして
幸せそうな人と自分を比べて「やっぱり
自分は不幸だ」と思いこむ。


実は自分のすぐ近くに「幸せそうな人」
がいる時点で、かなり幸せに近づいて
いる。なぜなら、その人から素直に
「幸せをそのまま受け取る」ことが
できれば、その人は自然と幸せに
なることが多い。例えばイケメンや
カワイイ女の子がいい男(女)を
自分に紹介してくれるようなものだ。
イケメンやカワイイ女の子の周りには、
やはりイケメンやカワイイ女の子が
いることが多い。だからイケメンや
カワイイ女の子に対してひがんだり
せずに普通に仲良く接していれば、
自然とイケメンやカワイイ女の子と
仲良くなれるチャンスが巡ってくる、
というわけだ。


ところが不幸なヤツほどそのからくり
に気付いていない。
イケメンやカワイイ
子に対して嫉妬し「あいつは性格が
悪い」「ルックスがいいだけでモテて
いいよね、どうせオレ(私)なんて・・・」
などと言っては相手を落とし、それに
満足してしまうのである。そして
同じようなことを感じている歪んだ
思想を持つブサイクたちと共感して
しまい、そうなることでさらに
イケメンやカワイイ子たちと距離が
できていってしまう・・・。
これでは自分から不幸になっている
ようなものだ。



だからまずは「自分は幸せなのだ」と
思うことが大事なのだろう。そもそも
生まれてきた時点で超が付くくらいの
「ラッキー者」であるはず。その時点
で相当な幸せレベルであることに
間違いはない。男性である私から
すれば、今まで一体どれだけの
精子たちを無駄死にさせてしまった
ことか。自分の快楽のためだけに
私の分身たちを無駄死にさせている。
が、世の中の男なんて皆そんなものだ。
ほとんどの精子たちを無駄に死なせて
しまっている。だからこの世に生まれて
きた時点で、実は相当な勝者であること
に間違いはない。生まれてきた時点で
相当な「幸せ者」、つまり基本的に
「幸せ者」なのだ。



だからよく考えてみると、不幸だと
思ったことも、実は後から考えると
とても幸せなことだった、なんで
あの時は不幸だと思ったのだろう、
と思うことが多い。不幸に思えて
いたことは実は何かのサインで
あって、それを改善したり見方を
変えたりすると本当はとても良い
経験をした、なんてことがよくある。
やはり自分が幸せだと思うことが
本当の幸せに繋がるのだ。
その
幸せは自分の中にしかないから、
自分で発見するしかない。それを
発見していくのが人生なんじゃ
ないかな
と私は思っている。

posted by ごくう at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック