2015年08月13日

スピリチュアルが嫌いな人にもオススメの本「あの世に聞いた、この世の仕組み」




私は今まで、いわゆるスピリチュアルな
ことに関してはあまり信じていなかった。
夏になるとテレビでよくやってる霊の類
なんか完全に「アホらし!」という感じ
だし、もっと言ってしまうと宗教の類も
「教え」は理解できても、「輪廻転生」や
「天国」「地獄」という類になると
「はぁ????」という感じであった。
(ちなみに私は無宗教である。)



しかし立ち読みでチラッと読んだこの
雲黒斎氏の「あの世に聞いた、この世の仕組み」
という本は何かが違った。この本は
何だか読まねばならない、という感覚になり、
(人に怪しまれずに電車で読めるように)
まず楽天koboで読んで、あまりに内容が
良かったので家族(妻)にも読んで
もらおうと思って本も別に購入した。
(現時点では妻はまだ読んでないが。)
そのくらい良い本だと思った。





というのも、輪廻転生とか守護霊とか
一切信じていない私だったが、この本
を読んでから「もしかしたら、こういうの
本当にあるかも。」
と思わせるようなことが
たくさん出てきたからだ。もしかすると
それは私が産業カウンセラーの資格を持ち、
心理学についての基礎が身についているから
かもしれない。(そもそも心理学系の知識が
無かったらこのような本には手を出さなかった
かも。)






不思議なことに、心理系のところで言う
「自己受容」「自己一致」「ありのまま」
「いま、ここ」「自己開示」「自我」
「自動思考(認知行動療法)」

などなど、カウンセラー・セラピストなら
知っていることと、このスピリチュアルな
本の内容とがかなり一致する点がある。
まあスピリチュアル系と心理系は「目に
見えないこと」「人間の心の奥底にある
こと」というところで共通点があるので、
一致する点が結構あるのは当然といえば
当然なのかもしれない。



個人的に感じていることを言えば、この
本に書かれていること(スピリチュアルな
ことを信じる・信じないは別として)と
カウンセラー的な心理学の知識があれば
人生はとてもラクに生きていけると思う。

極論かもしれないが鬱になることもない
のではないか。この本と心理の知識には
そのくらいの力があると私は思っている。



なので人生を楽しく生きたい方、人生の
目標が分からない(失ってしまった)方、
人間関係や家族・仕事で悩んでいる方、
自分が何者なのかよく分からない方、
是非一度この「あの世に聞いた、この世
の仕組み」
を読んでみてほしいと思う。
また現在心身ともに健康で悩みらしい
悩みが無い方もメンタルの病気の予防
という点でもオススメ
だ。この本は
サクサク読めるので1回とは言わず、
2回、3回・・・読んでも得るものがある。
そのくらいの良書だ。




posted by ごくう at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック