2015年06月29日

ギリシャがいよいよ・・・。今のうちに「もし小泉進次郎がフリードマンの資本主義と自由を読んだら」を読むべし!




ギリシャがいよいよ危なくなって
きました。デフォルトする可能性が
だいぶ高まってきています。本日は
「恐怖指数」と言われる「VIX指数」も
だいぶ上がりました。


もしこれで仮にギリシャが救済されても
同じようなことがまたすぐ起きるでしょう。

怪しい国は他にもいくらでもあります。
同じユーロ圏でイタリア・スペインも
ありますし、ウクライナもある。
今すぐにではないにしろ、日本に飛び火
する可能性も十分に有り得ます。
なんと
いっても日本の財政は先進国でも最悪
レベルですからね。



そのギリシャでは本日バンクホリデーが
行われたそうですが、これは債務危機が
起こる国ではよくあることのようです。
このような事が起きても冷静に対応
できるよう、平穏な今のうちに頭の中で
シュミレーションしておくのが良いと
思われます。





そのシュミレーションにうってつけだと
思う本が
「もし小泉進次郎がフリードマンの
資本主義と自由を読んだら」

という本です。



この本はマンガですので気軽に読めます。
また財政危機の際に起こりうることが
かなり的を得て書かれてますので、
イザという時にとても役立つと
思います。


残念ながら今の日本は対岸の火事とは
言えない状況です。
ギリシャで起こる
ことは「良き先輩」として捉えるのが
良いかと思います。

posted by ごくう at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック