2015年06月14日

情報:メタボは万病の元、“肝腎”な腎臓にもダメージ



健康診断の時期になってきました。
40歳以上の方は「メタボ」には
要注意ですが、仕事の関係なども
あって体重管理等はなかなか
難しいというのが現状なのでは
ないでしょうか?


メタボの中でも「肝臓」「腎臓」
は特に注意のようです。
CKD」という言葉も私は
この記事で初めて知りました。
40歳以上の男性は特に注意ですね。




------------------------------------
・・・・・・
メタボは万病の元。“肝腎”な臓器のうち、
肝臓も傷めば(「飲酒習慣がなくても怖い
脂肪肝、背景にはメタボ」参照)、腎臓も
傷んでくる。
そこで、最近注目されている
のは、AKBでもHKTでもない、CKDだ。
CKDは、Chronic Kidney Disease(慢性腎臓病)
の略で、慢性的に腎臓の機能が衰えていく
病気を包括した呼び名だ。



腎臓も“沈黙の臓器”、症状が出るころには
深刻な段階に




腎臓が体内で担う機能には、大きく2つがある。
まず、体内の水分量を調節し、余分な体液を
尿として排泄すること。もう一つが、その際に
糸球体という組織によって水分を濾過して、
体内の老廃物を尿中に排出し、血液に溶けて
いる塩類(塩分、カルシウム、カリウムなど)
のバランスを保つことだ。・・・・・・


引用:日経Gooday
http://bit.ly/1C5gpEj
----------------------------------------



posted by ごくう at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック