2015年05月06日

日本は本当に景気回復しているのか?


長いようで短いGWも終わりです。
我が家は「潮干狩り」に行き、次に
映画「シンデレラ」を観て、その
帰りに「もんじゃ焼」を食べて終了。
どこにも遠出してません。GWは
どこも混むし、しんどいだけなので
基本的に近場でのんびりと過ごすのが
我が家流です。


そんなのんびりとしたGW中に、
だいぶ暑くなってきたので夏用の
服でも買おうかと一人ユニクロに
行ったのですが、「処分コーナー」
に人が群がっていました。この
「処分コーナー」はおそらく全国
どこのユニクロもあると思うので
すが、一応我が家の近くのユニクロ
のを説明しますと、だいたい昨年の
仕様の服や、サイズがSやXLなど
あまり一般的でないもの、デザイン
がちょっと・・・なものなどが
「処分コーナー」として売られて
います。


値段を見ますと、例えばこのGW中
にセールだったポロシャツが通常
1980円→1280円ですが、処分コーナー
のものは980円という程度の安さ。
それほど安くはなっていません。
まあたまに「500円」ということも
ありますが、でもだいたい980円の
ものが多いです。ここに人がかなり
群がっていました。





この「群がり」は実は最近に始まった
わけではないのですが、ネットや新聞
やテレビを見ますと、いかにも「日本
経済は回復傾向」的なニュースが多く、
いくら消費税が上がろうが円安で
物価がインフレ的になろうが、それほど
「不況」的なことは言われてません。

確かに「不況」までは言い過ぎかも
しれませんが、しかしそんなに景気は
「良くない」というのがこのユニクロ
の「群がり」を見ると実感できます。
むしろこの「群がり」での人々の
食いつき具合を見ると、「かなり
状況は良くない」のかもしれない
、と
そう思わざるをえません。


今のところは株価も2万円あたり
ですし、雇用も増えている、賃金も
上がってきている、という雰囲気が
ありますが、しかしその実感が
持てないのはどうしてなのでしょうか?
個人的にはやはりギャロッピング・
インフレレベルの物価上昇のせい
だと思います。
最近では10%程度の
値上げは何とも思わなくなって
いる自分がいますし。電気代も
相当上がっていますし(震災前
なら我が家は4月だと5000円程度、
今は9000円程度になっている)、
それ以外にも何気な〜く上がって
いるのが実感として「ある」。
とにかく1000円札が崩れるのが
早い。だったら少しでもお金を
使わないようにするか、と
思ってしまうのかもしれません。

posted by ごくう at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック