2015年05月03日

箱根山の火山性地震が増加、万が一に備える意識を。


ゴールデンウィークの真っ只中の時に
気になる情報がありました。それは
箱根山の火山性地震が増えている、
ということです。


箱根山、火山活動わずかに活発化=
遊歩道を閉鎖−気象庁

http://bit.ly/1GRtdlx

-------------------------------------
箱根山では数年に1度、同様の地震活動の
活発化が起きている。気象庁は「温泉地は
活動が活発化した地帯から遠く、危険は
考えられない」としている。

引用:時事ドットコム(上記リンク内)
-------------------------------------

上記記事によると、それほど心配無い、
ということですが・・・。






しかしながら以下のような意見もあるので
注意が必要かもしれません。

--------------------------------------
スクープ これは大噴火の前兆なのか
箱根山から「不気味な煙」が噴き出した!
本誌記者が目撃、専門家も驚いた


▼現代ビジネス(2014/12/08)
http://bit.ly/1ICgAwQ
--------------------------------------

この記事によると、
「70年近くいて初めて見た」(引用)
と言う人もいて、なんとも気味が悪い。
私は横浜に住んでいるので、かなり
箱根山からは近いが、もし「箱根山が
噴火した」というようなことになれば
被害は横浜(神奈川)だけではなく
首都圏に及ぶ。しかも火山灰によって
電車が走らなくとなる、とか、
携帯電話・スマホなどにもかなり
影響が出るとも聞いたことがある。
いずれにしろ、首都圏に火山灰が
降るとなると交通網が大打撃を受ける
ので、本当にシャレにならないこと
になるだろう。

実際にそのようなことが起こるか
どうかは分からないが、そのような
大災害が起こった時に、ドサクサに
紛れて「(証券会社の)特定口座の
データが吹っ飛びました」とか、
「日本国債(←今時はデータである)
のデータが消えました、よって、
しばらくATMからの預金の引き出し
には影響が出ます」なんてことも
もしかしたらあるかもしれない。
考えすぎかもしれないが、これだけ
膨大な赤字国債を発行している国
なら何をするか分からない。
もう
それくらいの借金レベルに来ている
と私は思うのだ。


なので万が一に備え、ある程度銀行
から現金を引き出しておく、とか、
すぐに非難できるように荷物を
まとめておく、とか、火山灰で
肺や目をやられないようにマスク
や目をガードするグラスを買って
おくとか、その程度はやっておいて
損はないように思う。
posted by ごくう at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック