2015年04月26日

100億円もらっても満足できない人の特徴



・あなたは100億円もらったとしたら
 どうですか?


・あなたが日本で一番の男性(女性)と
 結婚できるとしたら、どうですか?


・あなたがあなたの住んでいる都市で
 一番の家に住めるとしたら、幸福だ
 と思いますか?


・あなたが大学(高校)受験をすると
 して、第一希望の学校に入れたら
 幸せだと思いますか?


・あなたにとって満点ともいえる
 職場に勤めることができるとしたら
 どのくらい満足できますか?



ブログの冒頭からいくつか質問を
書いてしまいましたが、上記の
質問は、もしかなえば一般的には
「幸せ」と感じることが多い事柄
です。


もし「100億円」もらえたとしたら
私なら間違いなく「幸福感MAX」
なりますね。


しかし残念ながら、そうでない人も
結構いるのではないでしょうか。
(私の周りにも何人かいます。)







なぜ「100億円もらっても幸福だと
感じない」
のでしょうか?
(↑一時的には幸福だと感じるかも
しれませんけどね。)



それはこのような人たちは、いつも


「いま、ここ」


を感じて生きていないからです。


「いま、ここ」を感じて生きて
いないから、たとえすごい
美男(美女)といい思いをして
いたとしても、頭の中では別の
ことを探し考えています。


いくら「良い家」に住んでいた
としても、その「良い家」を
感じることはありません。
「いま、ここ」の「家」が
どんなに良いものでも、
「もっと良い家はないか」
とか「もっと面白いものは
ないか」と「いま、ここ」とは
違うところに視点が行って
いるのです。






そのような感じですので、何を
やっても上の空、「いま、ここ」
のありがたみ、楽しさ、もしくは
つらさ等を感じることもなく、
「いま、ここ」とは異なる時間
(過去や未来)、場所、人、モノ
に焦点が行ってしまうのです。


これはバスケットボールで
いうところの「ピボット」を
ひたすらやっているみたいな
ものです。軸足は動かさないが
もう一方の足を動かし続け、
ひたすら同じところでグルグル
まわっているだけ。バスケの
時にはピボットが有効なことが
ありますが、バスケの目的は
ピボットではありません。

自分のポジションで能力を
発揮し、点を取って勝利する
ことを導くことが本来の目的
のはずです。


しかし「いま、ここ」を生きて
いない人はこれが分かりません。


仕事をやっても本来の仕事とは
関係ないところばかりに目が
行ってしまう。


家にいても、家族にではなく
別のところに気持ちが向かう。



このような人は旅行をしても
ディズニーランドに行っても
美味しいものを食べても何を
やっても心からは楽しめません。
今やっていることを楽しめず、
次のこと、別のことに意識
が行っていても、ただ単純に
こなしているだけ」になって
しまっているのです。これで
楽しんでいる気になっている
だけなのです。


これでは時間とお金をドブに
捨てているようなものです。



人生で無駄なピボットをして
満足しているような気になって
しまっては、もったいないですよね。


ピボットを楽しむのではなく、
バスケそのものを楽しむような
人生にしたいものです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

阿部敏郎の「いまここ塾」 (サンマーク文庫) [ 阿部敏郎 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/12/10時点)



posted by ごくう at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック