2015年04月20日

とても良い記事:売上好調、残業ほぼゼロなのに社内が暗くなった理由



私はこの岩崎裕美子氏(株式会社ランク
アップ代表取締役)の記事を第1回から
気になって読み続けていた。そして自分
的に一番のクライマックスと思われる
この第4回。今回はこの記事を紹介します。


---------------------------------------

私たちランクアップは、創業当初から
オリジナルブランドである「マナラ化粧品」
がお客様に支持されたおかげで、順調に売り
上げを伸ばしていきました。


しかし、せっかく売上が順調であるにも
かかわらず……、会社の雰囲気はどんどん
悪くなっていきました。とにかく社員が
暗いのです。



朝礼はお通夜のように暗く、社内を明るく
しようと私が元気でいればいるほど、社員
は暗くなる一方でした。そして、会社の
休憩室であるリフレッシュルームは、会社
の悪口と噂話ばかりという時期が続きました。






ついには体調不良の社員も
売上好調、残業ほぼゼロなのになぜ?



そんなある日、事件が起きました。会社を
始めて5年ほどたったある日、体調不良の
社員が現れたのです。それからというもの、
具合が悪い、耳が痛いなどの社員が増え、
休職する社員が出るほど体調の悪い社員が
続出。
そしてさらに社内が暗くなって
いきました。



私は、対応策としてカウンセリングの
会社と契約し、いつでも社外の人に相談
できるしくみを作ったり、ストレスチェック
をしたりと社員の健康を考えるように
なりました。しかし、暗さの原因はまだ
全くわかっていませんでした。


「売上は順調だし、残業もほとんどないのに、
どうして社員はこんなに暗くなってしまうん
だろう?」


「うちよりもっと待遇の悪い会社は他にも
たくさんあるのに」



そうして取締役の日高と二人で、理由が
わからずに悩んでいたのです。


もともと私と日高は広告代理店の営業を
していたので、毎日売上を上げるために、
終電まで働いていました。当時は売上の
ノルマもあるし、しかもノルマが達成
できないとクビになりそう
という危機的な
環境で働いていたので、残業が少なくて
ノルマのないこの会社の仕事に不満が
ある理由が全然わかりませんでした。



そして、前回紹介したように、様々な
工夫をして17時で帰れる会社になった
あとも、会社はまだ暗いままでした。


でも、ある日会社で行った研修で、
とうとう理由を知ることができました。
・・・・・


引用:ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/70248
---------------------------------------






なぜこの記事が気になっていたか、
というと、それは私の会社にとても
雰囲気が似ているからだ。



うちの会社は創立30年を超える会社
だが、とにかく雰囲気が暗い。


しかし残業はほぼ無いし(月3時間
も無いように思う)、昼休みは
決まった時間に必ず取れるし、
給料もそれほど悪いとは思わない。

(39歳の私は年収610万円程度。
これが高いか安いかは色々意見が
あるかもしれないが・・・。)
そして零細企業なので転勤も無い。
基本的に土日も休みである。休日
出勤は10年程いるが1回しかない。



私の前職は岩崎裕美子氏と似たような
感じで、終電で帰るのは当たり前、
徹夜も週1回は普通にあるし、とに
かく激務なベンチャー企業だった。
(まあベンチャーなんてそんなもん
だろうが・・・。)



だが、会社の雰囲気は前職の会社の方が
断然良かった。
身体が持たなかったので
2年ほどで辞めてしまったが、学んだ
ことはとても多かったと思うし、やって
良かったと思っている。






しかし今の会社はとにかく暗い
何故こんな感じになってしまったのか
というのは、こちらの記事を最後まで
読んでもらうと分かるが、結局この
「暗い」会社というのは、従業員
一人一人が「暗い」のではない。

会社(そこに勤める多くの人)が
作業環境重視になってしまい、職場
環境を軽視してしまっているのだろう。



言うまでもなく、作業環境と職場環境
は違う。
しかし長く働いているとこの
二つを混同してしまう人が出てくる。
そしてそれが経営者だったりしたら
これはかなり最悪だ。


従業員は「良い職場環境」を意識的に、
もしくは無意識的に求めている。

それは単純に「社員旅行に行く」とか
「飲み会を頻繁に行う」といった話
で解決するようなものでははない。
そんなもので解決しようとする人は
ハードウエア的思考=作業環境重視的
な人が多いと思う。
働く人の気持ちというのは、そういう
ものだけではやっていけない。


社員が会社に求めているのは人に
よって色々あるだろうが、やはり
ベースとなるのは、


---------------------------------------

・どんな会社にしたいのか?

・会社はどこに向かうのか?

・社員ひとりひとりに何を期待しているのか?

・どんな風に社員に成長してほしいのか?

(引用)


---------------------------------------


というような会社からのメッセージなのだろう。
それが無かったら何で働いているか分からなく
なっていって当然だろう。(飲み会とか旅行
とかはプライベートでやればいいのだから。)


それにしても・・・、こちらの会社は経営者の
方がこのことに気付いてくれて良かったですね。
それに比べてうちの会社はどうだろう・・・。
「暗い」のを従業員のせいにしているような
感じがあるから、残念ながら当分は「暗い」
ままだろうと思う。





posted by ごくう at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック