2015年03月23日

気になる記事:衝撃の調査結果、アジアで日本の若者が最も「経済的余裕がない」



まずは引用から。

---------------------------------------------
2015年3月23日

日本経済新聞がアジア10カ国の若者調査を
やって結果を発表しました。対象は大卒
20〜29歳の若者、各国200人ずつ、
計2000人です。そこで衝撃的な事実が
明らかにされたのです。
日本の若者で「過去1年に経済的に余裕が
あった」と答えた人が10カ国中最低の
25%!更に、「3年後に同世代の人より
生活レベルが上になっている」とみるひとも、
日本人が最低の28%なのです。
アジアで日本人が最低の項目は、まだ続きます。


「収入に満足している人」18.5%。
「仕事に満足している人」28%。
「恋人・配偶者との関係に満足している人」32.5%。


この3項目、すべて、アジア最低です。
「3年以内に買いたい製品、利用したいサービス」
のなかで、日本人は、唯一、国内旅行(39%)が
海外旅行(33%)を上回り、旅行でも近場が
人気とのこと。


調査国は、中国、インド、インドネシア、タイ、
ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポール、
韓国、日本です。
このなかで、平均月収がダントツに高い国は
どこだと思います?
シンガポールで約36万円!
2位が韓国で25万円。
3位に日本が入って22万円。
4位が中国で16万円。
この円換算の数字には、多分、円安も影響して
いると思います。
アジア各国の通貨に対して円は非常に安くなって
いるので、アジアを中心に外国人観光客がどっと
日本に押し寄せていることと符合しますね。


やっぱり、私が常日頃言っているように、
円安で日本人は間違いなく(比較すると
他国より)貧乏になっているのですよ。
日本に閉じこもっているとピンときませんが、
この調査結果が、その事実を雄弁に物語って
いますね。だからこそ、外貨建て資産を持つ
必要があるのです。儲けると言うより、
目減りを出来るだけ抑えるという発想ですよ。

金も、その外貨建て資産の一つの選択肢です。
・・・・・


引用:豊島逸夫の手帖(ゴールドパーク)
http://gold.mmc.co.jp/toshima_t/2015/03/2078.html
------------------------------------------------




この記事のタイトルは「衝撃の結果」とあるが、
おそらくこのブログの豊島逸夫氏はこのような
結果になることは分かっていたのだろうと思う。
私は豊島逸夫氏のファンで、昔から氏の書いた
ものはよく読んでいるので何となく分かるのだ。


それにしても、日本もどんどん落ちぶれていく
なあと思う。もう復活するのは何十年後か、
いや、下手をしたら何百年後か。そんな
感じである。


豊島氏もこの記事内で書いているが、重要な
ところなので再度引用させていただく。


------------------------------------------------
だからこそ、外貨建て資産を持つ必要がある
のです。儲けると言うより、目減りを出来る
だけ抑えるという発想ですよ。金も、その
外貨建て資産の一つの選択肢です。

------------------------------------------------


まったくそのとおりである。
円が安くなり、しかも労働人口がどんどん減って
いく。おまけに世界でも類をみない超高齢社会。
こんな日本にどれだけの魅力があるというのか。
投資をしていればすぐ分かる。逆に投資をして
いない人にはなかなか理解できないかもしれない。
そんな人は正直「危ない」とさえ思う。


首都圏に住む私でも、山手線や京浜東北線にいる
若者を見ても思う、「オレが若かった20年前と
比べて、確実に貧乏になっている」
と。


自分の20歳頃(1995年頃)は、まだ若者が服に
お金をかけていた。かくいう私も「百貨店でしか
服は買わない」というくらいの時代があった。
タケオキクチ、PPFM、コムサなど、ちょっと
お高めの服を普通に買っていた。冬のコートに
5万円くらいかけるのは当然と思っていた。


しかし今の若者を見ると、ぜんぜんそんな感じ
がしない。別に私の時代が「正しかった」とか
「良かった」とも思わない。はっきりいって
今の若者のほうが魅力的だとすら個人的には
思う。堅実だしね。


しかし、それだけ若者にお金がないとなると、
いったい日本はどうなるのか。親だってお金
が無いのであろう、だから若者もお金を持って
ないのだ。


日本全体のお金が無くなってきている感じが
ひしひしと伝わってくる。
マイナンバー制も
始まるし、そろそろ本当にヤバイ時が来る
ような気がしてならない。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若者の貧困・居場所・セカンドチャンス [ 青砥恭 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/3/4時点)



posted by ごくう at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック