2015年03月10日

良い記事:その「後輩教育」、やり方が間違っています!


私は仕事で過去に70人くらい
新人研修を担当してきたが、
新人研修というのは本当に
リスクの高い仕事だと思っている。
何かあればすぐに辞めてしまう
かもしれないし、そうなったら
真っ先に新人研修の担当者が
やり玉に挙げられるし。


そんなリスキーな仕事の割に、
どういうわけか「新人研修を
やりたい」という輩がいる。
私自身、自分からやりたいとは
一回も言ったことがないのだが、
自分から手を挙げる人の気持ち
がよくわからなかった。


しかしこの記事を読んで、少し
だが
「自ら新人研修をやりたい人の
気持ち」

が分かった気がする。このような
人は記事にあるような「お母さん」
になりたいのかもしれない。

考えてみると私は「お母さん」的な
人からたまに文句を言われたものだ、
もっと面倒をみろ
、って。


けど私はあくまで
「仕事の新人が覚えるべき部分のみ」
の研修担当であって、それ以外は
知ったこっちゃない、というスタンス
だった。「お母さん」的な人たちは
このドライな感じが嫌いだったみたい
だが、もし仕事以外にまで口を出して
みろよ、それこそすぐに新人辞めちゃう
だろうよ、というのが私の持論である。



この記事にあるとおり、「お母さん」的
な人は新人研修には向かないと思う。

あくまで新人研修の部分のみを担当する、
それくらいのライト&ドライの方が
いいって。新人にとっても研修担当に
とっても。






↓記事は以下に引用させていただきます。
---------------------------------------


今回は、後輩の教育担当係を任された
ものの、ちっともうまくいかないと歎く
女性よりお悩み相談をいただきました。


【ご相談】


昨年、後輩女性の教育担当になり半年
経ちますが、うまくいきません。注意や
アドバイスをするとちゃんと聞いている
ようなのですが、あまり頭に入って
いないようで、スルーされているのでは
ないかと思えるような行動を取ります。
何度も同じことを聞いてくるし、同じ
ミスをする。


彼女と向き合えていないのではないか、
嫌われているのかも、と食事に誘って
みたり、雑談をふってみたりすると、
無難なコミュニケーションは一応成立
するのです。なのに、仕事の話になると、
「頑張っている」とか「感謝している」
とか、「本当にそう思っているの?」と
いう薄いコメントばかり。少しずつでも
成長しているという実感が持てません。


先日、ほかの先輩に、仕事の相談をして
いる彼女を見て、ショックを受けました。
マンツーマンで教えているのだから、
私に相談してくれればいいのに。やはり
私を信頼してくれていないのでしょうか?
上司に相談したら、「別に何の問題も
ないから、このまま頑張ればいい」と
言われました。


どのように彼女に接して、教育担当と
しての責任を果たすべきか、とても
悩んでいます。私自身は自分で言うのも
なんですが、それなりに評価もされ、
仕事もできるほうだと思います。
それでも、私みたいにはなりたくない、
ということなのでしょうか?ぜひ、
アドバイスお願いします。


そんなにうまくいくわけ、ないんじゃない?


少しずつ春めいてきました!
新入社員の方たちが初々しい顔を
並べる日も近いですね。


あなたは、まさに「今」悩んでいらっ
しゃるところでしょうが、これから
「教育担当」などの任を受ける人も
多いでしょう。どうしたらよりよい
先輩になれるか、後輩の気持ちを
どう理解したらいいのか、という
前向きな気持ち、大事ですね。


ともすれば、「採用、失敗してるよね」
「あの子は使えない」なんて悪口を
言って、責任を投げだす人もいる中で、
あなたの悶々とした感じ、あの手この手
な感じ、すごく頑張っているなと思い
ましたよ。
・・・・・・・


引用:東洋経済オンライン

http://toyokeizai.net/articles/-/62465




posted by ごくう at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック