2015年03月09日

やたらと転職している人は深い考えができない。だから結婚も難しい。



私の周り(職場)では、どういうわけか
やたらと転職している人が多い。
かくいう私も現在3社目なので偉そうな
ことは言えないのだが、それにしても
5社、6社以上という人もザラなのが
うちの会社だ。


あらかじめ言っておくと、うちの会社は
けっして「優秀な人間の集まり」ではない。
転職している人がそれだけ集まっていると
さぞかし立派な会社なのだろう、と勘違い
されるといけないので、敢えて言っておく。
それどころか、色々な会社で使い物になら
なくなったような、はっきり言ってしまえば
私も含めてクズの集まりのような会社かも
しれない。零細企業なんてそんなものだ。






もちろん、ちゃんとした人も僅かながら
いる。しかし、大抵は仕事ぶりを見れば
すぐわかるのだが、とにかく
「本当にこいつ社会人経験があるのか?」
という人間が半分以上はいる。転職に
転職を繰り返したような人間なんていう
のは、そんな感じだ。


そもそも、何故そんなに転職をしたのか?
会社を変える、というのは結構勇気のいる
ことなのに、何回も転職している、という
のは一体どういうことか?


会社の「転職回数がやたらと多い(少なく
とも5社以上)」というような奴らの
共通点は、
「あらゆることにおいて考えが表面的」
ということである。


スマホが流行りだせば(電話もメールも
ほとんどやらないようなくせに)すぐに
スマホを買う。


世の中でちょっと話題になるような
ことがあれば、すぐに飛びつく。
今で言うと「川崎中1殺害事件」の
ようなことに対して、知り合いでも
ないのに献花をしに行こう、という。
ネガティブなことでも何でもすぐに
イベントにしたがる。


仕事ももちろん表面的。段取りが甘いので
すぐにやり方が変わったり、方針が3秒後
に変わったりする。というか、そもそも
方針らしい方針がない。


自分に、家族に過保護。特に子供に対して
異常に過保護。子供を温室育ちにしていた
ら、その子が将来どうなるのか、なんて
ことはもちろん考えていない。
甘やかすこと=やさしいこと
やさしいこと=いいこと

というような安易な思考回路が存在する。


生活習慣病のような病気に対しても、
医者の言うことを聞かない。医者や
薬は基本的に悪いものと思っている。
根拠は不明。


権威的なもの、正論は×。
しかし身近な人、自分にとって都合の
いいことを言う人は○。
現実を直視できない。現実を直視する
ようなことをする人は敵。


というような感じで、とにかく色々な
ことに対して「表面的なものの見方」
が多い。これは本当に転職が多い人
によくみられる傾向だ。






そんな感じなので、異性と付き合ったり
結婚生活を送ったりすることもびっくり
するくらい早く終わりを迎えることが
多い。ええ?もう別れたの?というか
そもそも付き合ってたの(結婚生活を
送ってたの)?というような感じ。


結局こういう人たちというのは、新聞や
ネットの情報に振り回され、身近な人や
過去の友人などに振り回され、その結果
自分を振り返るということもせず、そして
「いまを生きる」ということもせず、
ただ「浅〜い」時間をたくさん過ごして
いるだけにすぎない。
やたらと忙しそう
にしていたりするのも、「自分を内省する」
とかが苦手なだけ。振り回されて人生を
浪費していることに気付いていない。
だからまともなパートナーならすぐに
「別れよう」と言ってくる。でも何で
自分が別れてしまったのか、気付いて
いない。そしてまたネットや新聞の情報
に飛びつく。その繰り返し・・・・。


こんな感じのやつがいかに多いか。
お前らは情報に振回されるために生まれて
きたのか、と聞きたくなる。
実にもったいない生き方だと思う。


人から何と言われようと、自分が見つけた
「これは!」というものにしっかりと
腰を据えて取り組み、そして結婚も
して子育てもする。それが「人」として
一番良い生き方なんじゃないかと思う。



posted by ごくう at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック