2015年02月15日

ためになる情報:腰痛の原因をたった30秒で治す「朝30秒の正座」驚きの効果



私は20代の頃から(正確には10代の頃から?)
腰痛がありました。といってもいつも症状がある
わけでもなく、たまにギックリ腰になったり、
軽〜い痛みがある程度。今のところそれほど生活
に支障があるレベルではありません。

しかし最近は10月にギックリ腰をやってから、
いつになく予後が悪いです。痛み止めの薬を
飲む・シップを貼るのはもちろんですが、
寒いのが良くないのだろうとカイロを張ったり、
とにかく色々な対策をしたのがここ最近です。
もう今年は40歳ですから、そんなもんなのか
もしれませんが、でも・・・何か根本的に
良くならないと何かダメな気がします。
このまま騙し騙し薬・シップに頼っていて
いいのか、と。

そこでこんな記事を見つけました。
腰痛で悩む方、試してみてはいかがでしょうか。
私もやってみようと思います。




------------------------------------------
つらい腰痛が1ヶ月でなくなる!
「朝30秒の正座」健康法  金聖一


あなたは「腰が痛い」と感じたとき、その原因が
腰以外の場所にある、と考えたことはあるでしょうか。
私は、長年の施術経験から、腰痛の原因は
「背骨のゆがみ」「足の使い方」「血流の悪さ」
の3つだとわかりました。今回は、この3つの原因が
「朝30秒の正座」健康法でどう変化していくかを
ご紹介していきましょう。

あなたの腰痛は腰以外の場所に
原因があった


腰痛で来院される患者さんは、「腰が痛く
なったから腰を診てほしい」という思いを
訴えられます。しかし、体はつながっている
ので、腰が痛いからといって腰だけに原因が
あるわけではありません。「腰が痛い」と
いうのは、あくまで結果であり、原因は
ほかのところにある場合が多いのです。

極端な言い方をしてしまうと、腰が痛いのは
腰が悪いのではなく、ほかの部分が悪いから
腰が痛くなった、ということです。ひざが痛い
のをかばって歩いた、足首の捻挫をきちんと
治していなかったせいで歩き方にゆがみが生じ、
それが腰痛につながった、こういうケースは
驚くほど多いのです。
もちろん、腰そのものを診て「どのように痛みが
出ているか」ということは調べますが、治療の
ために大切なのは、「今痛みが現れているところ」
ではなく、「痛みの原因となる悪いところ」を
改善していくことなのです。・・・・

引用:ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/35689
----------------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「朝30秒の正座」で腰痛が治る [ 金聖一 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/3/2時点)



posted by ごくう at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック